• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2017年10月1日

【としょかん】とくしゅう

あだちくりつとしょかん「こどもぺーじ」

 トップイラスト

今月のクイズ とくしゅう テーマでしらべる
本をさがす にんきがある本 あたらしくはいった本
りようのしかた    

 

    

 

                                                                                  

   ★見たいページをクリックしてね★

     

 

 

 

  

 

         

        (外部サイトへリンク)

                                                   

   (画像をクリックすると予約画面へ)

『おおきくなったらなにになる?』

フランソワーズ/さく なかがわちひろ/やく

偕成社

  パンやさん?おいしゃさん?ペットやさん?ケーキ屋さん?おはなしをかくひと?それとも…
みんな おおきくなったらなにになりたいですか?おしえてほしいなあ。

 

                                                                (外部サイトへリンク)           

       

(画像をクリックすると予約画面へ) 

『パンやのくまさん』
フィービ・ウォージントン/さく・え セルビ・ウォージントン/さく・え
まさきるりこ/やく 福音館書店
 

   パンやのくまさんのあさは とてもはやいです。かまどにひをいれると パンをつくったり、 ケーキをつくったりします。さぁ、きょうは どんないちにちに なるでしょうか?

 

 

        (外部サイトへリンク) 

(画像をクリックすると予約画面へ) 

『ふしぎなはなや』
竹下文子/作 杉浦範茂/絵 フレーベル館

   けんたの うちは、はなやです。
おんしつで はなを そだてる とうさん、おきゃくさんに はなを うる かあさん。
まいにち いそがしい ふたりだけど、ときどき ふしぎなことが おこります。

 

 

 

 

 

 

         (外部サイトへリンク)                              

      (画像をクリックすると予約画面へ)

『ガスこうじょうききいっぱつ』

シゲリ カツヒコ/作 ポプラ社

   ガスこうじょうで、きょうもいっしょうけんめいはたらくおじさんたち。おしごとにほこりをもっています。おやおや?こうじょうにはガスにきょうれつなにおいをつけたり、大きな音を出すぶしょがありますよ。なぜかしら?

 

                          

        (外部サイトへリンク)

      

 (画像をクリックすると予約画面へ) 

『アヤカシ薬局閉店セール』

伊藤充子/作 いづのかじ/絵 偕成社

 さくらさんは薬局を開いています。しかし、お客さんが少なくなってきたので、 お店を閉めることにしました。さっそく、閉店セールのチラシを書きはじめたのですが、 そこから不思議なことがおこりはじめました。

 

 

           (外部サイトへリンク)          

           

(画像をクリックすると予約画面へ) 

『うみのとしょかん』
葦原かも/作 森田みちよ/絵  講談社

  アオザメ、タコ、マグロにクルマエビ。
うみのとしょかんには、たくさんのいきものが、本をよみにきます。
このとしょかんの せわをしているヒラメが、みんなに ぴったりの本を さがしてあげるのです。

 

 

 

 4から6年生紹介見出し

                                                   

      (外部サイトへリンク)

                                                   (画像をクリックすると予約画面へ) 

『若冲 ぞうと出会った少年』

黒田志保子/著 国土社

享保十三年、将軍吉宗の希望で「ぞう」が初めて日本へ来た。陶器のようになめらかで美しい はだを持つ、異国の巨大な生き物を見たとき、忠兵衛は体の震えが止まらず、胸の底から突き上げてくる感情を抑えることができなかった。この気持ちを描きたい…ずっとその思いを心に秘め忠兵衛は…

 

 

           (外部サイトへリンク)                                                                                           

(画像をクリックすると予約画面へ) 

『ドルフィン・エクスプレス』

竹下文子/作 鈴木まもる/絵 岩崎書店

テールはヨットレースで優勝したことのある船乗りで、今は海の特急貨物便、ドルフィン・エクスプレスの配達員をしている。ある日、荷物を届けに行くと、受取りを断られてしまった。その時は、送り主に渡すことになっているのだが、その送り主は伝説のヨットレーサーだった!

 

 

         (外部サイトへリンク)

 (画像をクリックすると予約画面へ)

『災害救助犬レイラ』
井上こみち/著  講談社

  「災害救助犬」とは、災害が発生した時、行方不明になった人をにおいでさがしだす犬のことです。
災害救助犬レイラと訓練士村田さんは、東日本大震災発生翌日の早朝に被災地に入り、一週間、がれきの中から生きている人をさがす救助活動をしました。

 

 

 

 

  

         (外部サイトへリンク)

                                         

(画像をクリックすると予約画面へ)

『ブロード街の12日間』

デボラ・ホプキンソン/著 千葉茂樹/訳

あすなろ書房

  1850年代のロンドン。イールはテムズ川の廃品回収の仕事をしていた。川くず屋、泥さらいと呼ばれ、川から木材や石炭を集める仕事をしていた。ある朝、近所に住むルイス家の赤ちゃんファニーがひどい下痢状態であることを聞いた。その日からブロード街では次々に人々が病気になっていった。「青い恐怖」と呼ばれるコレラに…。

 

                                       

        (外部サイトへリンク)                                          

 (画像をクリックすると予約画面へ)

『車夫』

いとうみく/作 小峰書店

  人力車のひき手である“車夫”。陸上部だった主人公・走(そう)は、先輩に誘われ、車夫の世界に入っていき、そこで改めて走ることの楽しさを知った。走と彼の周囲をとりまく人々の物語。

 

                

         (外部サイトへリンク)          

(画像をクリックすると予約画面へ) 

『ゆめみの駅遺失物係』
安東みきえ/著 ポプラ社

  ゆめみの駅の遺失物係には、だれかに拾われて届けられた物語がつづってある「拾得物語台帳」があります。
遺失物係の人は、なくしたおはなしを探しに来た人に、「拾得物語台帳」の中の様々な物語を読んで聞かせます。


 

 

 

お問い合わせ

地域のちから推進部中央図書館子ども読書推進係

電話番号:03-5813-3745

ファクス:03-3870-8415

Eメール:tosyokan@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?