• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2018年2月1日

【としょかん】とくしゅう

あだちくりつとしょかん「こどもぺーじ」

 トップイラスト

今月のクイズ とくしゅう テーマでしらべる
本をさがす にんきがある本 あたらしくはいった本
りようのしかた    

  

  いぬ  

                                                                     

★見たいページをクリックしてね★

0-5ボタン 1―3ボタン 4-6ボタン 中学生ボタン

 

  0-5タイトル

         

おおきいとん        (外部サイトへリンク)                                    

   (画像をクリックすると予約画面へ)

 

『おおきいトンとちいさいポン』

 いわむらかずお/作・絵  偕成社

 トンは おおきいほうが いいと おもっていて、   ポンは ちいさいほうが いいと おもっています。でも、おおきいと こまることも あるし、ちいさいとこまることも あって…。なかよしな トンと ポンのシリーズ。

 

 

こいぬほ        (外部サイトへリンク)                 

(画像をクリックすると予約画面へ) 

 

『こいぬ ほーら、大きくなったでしょ』 

ジェーン・バートン/写真                   アンジェラ・ロイストン/文 山口文生/訳   偕成社

かわいい こいぬが たくさん うまれたよ。さいしょは とっても ちいさいけれど、ミルクを のんで どんどん おおきく なっていく。みんなげんき いっぱいだ!

 

 

いぬのおばけ   (外部サイトへリンク)  

(画像をクリックすると予約画面へ) 

 

『いぬのおばけ』 

長新太/作・絵  ポプラ社

たおれていた いぬが しんぱいで、おんぶしてあげた おんなのこ。ところが、いぬが だんだん おおきくなってきて…。

  1-3タイトル

 

十二支の         (外部サイトへリンク)                              

      (画像をクリックすると予約画面へ)

 

『十二支のはじまり』 

岩崎京子/文 二俣英五郎/画   教育画劇

たくさんいる動物のうち、ねずみ、うし、とら、  うさぎ、たつ、へび、うま、ひつじ、さる、とり、いぬ、いのししが、なぜ十二支にえらばれたのでしょう。これを読むとわかるよ。

 

                             犬ロボ        (外部サイトへリンク)

(画像をクリックすると予約画面へ)

 

『犬ロボ、売ります』 

レベッカ・ライル/作 松波佐知子/訳     小栗麗加/絵  徳間書店

ロボ・ワンは、料理や掃除がとくいな最新型の犬ロボット。そんなロボ・ワンを買ったのは、ぐうたらでけちんぼのヨゴレータ一家でした。毎日、家事ばかりで散歩にもつれて行ってもらえない生活に、つかれはててしまったロボ・ワン。だれか、ぼくをやさしくなでて。散歩につれていって!

 

 

 犬のマーサ                                                       (外部サイトへリンク)  

(画像をクリックすると予約画面へ) 

 

『いぬのマーサがしゃべったら』 

スーザン・メドー/さく・え ひがしはるみ/やく

 フレーベル館 

いぬのマーサに『あいうえおスープ』を食べさせたら、しゃべれるようになっちゃった!みんなをびっくりさせて、さいしょは楽しかったけれど、だんだん困ったことになってきて…。

   4-6タイトル

                                                   

透明犬        (外部サイトへリンク)  

     (画像をクリックすると予約画面へ) 

 

『透明犬メイ』 

辻貴司/作 丹地陽子/絵  岩崎書店

奏太の後ろを姿の見えない何かがついてくる。 それは透明な犬だった。「メイ」と名付けた透明犬は、クラスまでついてきてしまう。犬の鳴き声に騒ぎ出したみんなを奏太は何とかごまかそうとするが…。

 

 

まめたろう           (外部サイトへリンク)                                                                                           

(画像をクリックすると予約画面へ) 

 

『まめたろう 愛蔵版おはなしのろうそく10』 

東京子ども図書館/編纂 大社玲子/絵     東京子ども図書館

 

手のひらサイズのおはなしのろうそくシリーズ。 この巻には「小犬をひろってしあわせになったじいさんの話」がのっています。みんながよく知っているあの昔話だよ。他にも楽しいおはなしがたくさん。

 

 

山犬の子ジロー         (外部サイトへリンク)

 (画像をクリックすると予約画面へ)

 

『山犬の子ジロー』 

水上美佐雄/作 井江栄/画  学研

 

ジローは、おじいの鉄砲で死んだオオカミの巣にいた子犬だった。家につれて帰りかわいがって育てたおじいだったが、ジローがオオカミの子かもしれないといううたがいを捨てきれなかった。おじいによくなつき、かしこく成長したジロー。おじいは、かわいいと思う気持ちとオオカミだったらという不安にゆれ動いた…。

  中学生タイトル

  

狛犬         (外部サイトへリンク)

(画像をクリックすると予約画面へ)

 

『狛犬の佐助 迷子の巻』 

伊藤遊/作 岡本順/画  ポプラ社

明野神社の狛犬には、150年前にそれを彫った親方と弟子の佐助の魂が宿っていた。二頭はしょっちゅうおしゃべりをしていたが、その声が 聞こえるのは6歳になる前の子どもだけだった。よく佐助に話をしに来る耕平にも、佐助の声は 聞こえない。どうしても耕平に伝えたいことがある佐助は、5歳の翔太に協力を頼むことにした。

 

                                       

犬どろぼう        (外部サイトへリンク)                                          

 (画像をクリックすると予約画面へ)

 

『犬どろぼう完全計画』 

バーバラ・オコーナー/作 三辺律子/訳   かみやしん/絵   文溪堂

父親が突然家を出ていき、母親と弟と車で生活しているジョージナ。部屋を借りるためにはお金が必要。そこで思いついた計画は「犬どろぼう」だった!はたしてジョージナの計画はうまくいくのでしょうか?

 

                

ハルと歩いた         (外部サイトへリンク)          

(画像をクリックすると予約画面へ) 

 

『ハルと歩いた』 

西田俊也/作  徳間書店

 

引っ越してきて仲のいい友だちもできないまま、小学校の卒業式を迎えてしまった陽太。あるときホームレスから犬をもらったことをきっかけに、 陽太のまわりは大きく変化していった。

 

 

お問い合わせ

地域のちから推進部中央図書館子ども読書推進係

電話番号:03-5813-3745

ファクス:03-3870-8415

Eメール:tosyokan@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?