• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 地域文化活動 > 足立区立図書館トップページ > こどもぺーじ > 【としょかん】しらべ学習のしかた

ここから本文です。

更新日:2017年10月1日

【としょかん】しらべ学習のしかた

あだちくりつとしょかん「こどもぺーじ」

トップイラスト

今月のクイズ とくしゅう テーマでしらべる
本をさがす にんきがある本 あたらしくはいった本
りようのしかた    

しらべ学習のしかた

 1 はじめに

 2 本をつかってさがす

  (1) 事典でしらべる

  (2) しらべるときに役立つ本

  (3) 分類番号(ぶんるいばんごう)でさがす

 3 コンピュータ(りようしゃたんまつき)をつかってさがす

 4 しらべた内容のまとめ方

 5 著作権(ちょさくけん)

 1 はじめに 鉛筆 

知りたいことは、どんなことかな?

・しらべたいことを紙にかいてみよう。

・そのことについて、自分が知っていることやことばもかいてみよう。

・としょかんに来るときは、ノート・えんぴつ・消しゴム・かしだしカードをもってこよう。

(かしだしカードをもっていない人は、住所のかいてあるものをもって来ると、かしだしカードをつくれるよ)

 2 本をつかってさがす 本

 (1)事典でしらべる

事典でしらべると、べつの呼びかたや英語のことば・種類(しゅるい)・説明がのっています。事典によってかいてあることがちがうこともあるので、ほかの事典も見てみましょう。時代によって、内容が変わっていることもあります。

 

★しらべ方のコツ

本には、「目次(もくじ)」「索引(さくいん)」があります。これらをつかうことで、しらべたいことがどの本の何ページにのっているかがわかります。

 

 目次(もくじ)

内容がわかる見出しが順番にのっています。

しらべたいことに近いことばがのっていたら、そのページを見てみましょう。

 索引(さくいん)

その本の最後(さいご)にあり、内容が「あいうえお順」「こうもく順」にならべられています。

 (2)しらべるときに役立つ本 

 

 国語辞典(こくごじてん)

日本語のことばの意味がわかる

 漢字辞典(かんじじてん)

漢字の読み方や意味がわかる

 百科事典

いろいろなことについての説明がのっている

 動物(どうぶつ)事典

 植物(しょくぶつ)事典

専門(せんもん)のことについてくわしくわかる

 図鑑(ずかん)

写真や絵などが説明つきでのっている

 年鑑(ねんかん)

その年に起こったことについてわかる

 統計(とうけい)

いろいろなことの移り変わりのグラフや表がのっている

 新聞縮刷版(しゅくさつばん)

過去(かこ)の新聞を小さくして、本にしたもの

過去(かこ)のできごとや事件、事故がのっている

 (3)分類番号(ぶんるいばんごう)でさがす

としょかんでは、本をさがしやすいように本の内容ごとに番号をつけて、順番(じゅんばん)にならべています。この番号のことを「分類番号」といい、本の住所のような番号がついています。

「分類番号」

分類番号

としょかんでは、本をこの「分類番号」の順番でならべているので、見たい本の分類番号がわかったら、近くににた内容の本があるか、ほかの本も見てましょう。

 

 0 総記(そうき)

としょかん・百科事典

 1 哲学(てつがく)・宗教(しゅうきょう)

占い・心理

 2 歴史(れきし)・地理(ちり)

歴史・地理・伝記

 3 社会科学(しゃかいかがく)

戦争(せんそう)・政治(せいじ)・経済(けいざい)・

仕事・福祉(ふくし)・民話

 4 自然科学(しぜんかがく)

算数(さんすう)・宇宙(うちゅう)・生き物・植物(しょくぶつ)

 5 技術(ぎじゅつ)

公害(こうがい)・環境(かんきょう)・機械(きかい)・

手芸(しゅげい)・料理(りょうり)

 6 産業(さんぎょう)・交通

農業(のうぎょう)・林業(りんぎょう)・水産業(すいさんぎょう)・交通

 7 芸術(げいじゅつ)

美術(びじゅつ)・工作・音楽・スポーツ・あそび

 8 言語(げんご)

ことば・日本語・作文・方言

 9 文学

詩(し)・物語・エッセイ

 

 3 コンピュータ(りようしゃたんまつき)をつかってさがす パソコン

さがしたい本のだいめいやかいた人がわかるときは、コンピュータをつかうと便利(べんり)です。

本のだいめいがわからないとき、知りたいことばを入れると、関係のある本のリストがでてくるよ。

でも、入れることばが短(みじか)すぎると、でてくる本が多くて、さがすのに困ってしまうこともあるので注意してね。

 4 しらべた内容のまとめ 鳥2

しらべたことは、かならずメモをしましょう。

しらべたことの内容はもちろん、しらべた本のことも書くと、あとで見直すときに便利です。

 

★メモすること

・本のだいめい

・本をかいた人(著者 ちょしゃ)

・本を出したところ(出版社 しゅっぱんしゃ)

・のっていたページ

・しらべた内容

 5 著作権(ちょさくけん) クローバー

本にかかれていることは、「著作権(ちょさくけん)」という法律(ほうりつ)で守られています。

「本にかかれていることをまるごとコピーしたり、そのまま写(うつ)してはいけない」という決まりです。

かかれていることをうつすときは、「本のだいめい・本をかいた人(著者 ちょしゃ)・本を出したところ(出版社 しゅっぱんしゃ)」をかならず、かくようにしましょう。

 

ふくろうしらべ学習のしかたは、わかったかな? 

       各としょかんには、テーマに合わせたパスファインダーもあるので、しらべ学習の

       参考(さんこう)にしてね。

 りす  しらべる       

      ↑しらべるにもどりたいときは、ここをクリックしてね。

お問い合わせ

地域のちから推進部中央図書館子ども読書推進係

電話番号:03-5813-3745

ファクス:03-3870-8415

Eメール:tosyokan@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?