• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > まちづくり・住宅 > 都市計画 > 高度地区について

ここから本文です。

更新日:2016年8月19日

高度地区について

用途地域内において市街地の環境を維持し、(又は土地利用の増進を図るため)建築物の高さの最高限度又は最低限度を定める地区です。

 

高度地区内容

1最高限度高度地区

建築物の高さを規制することにより、日照・採光・通風などを確保し、住環境を保護するもので3種類あります。

種類

建築物の高さの最高限度

第1種高度地区

建築物の各部分の高さ(地盤面からの高さによる。以下同じ。)は、当該部分から前面道路の反対側の境界線又は、隣地境界線までの真北方向の水平距離の0.6倍に5メートルを加えたもの以下とする。

第2種高度地区

建築物の各部分の高さは、当該部分から前面道路の反対側の境界線又は、隣地境界線までの真北方向の水平距離が8メートル以内の範囲にあっては、当該水平距離の1.25倍に5メートルを加えたもの以下とし、当該真北方向の水平距離が8メートルを超える範囲にあっては、当該真北方向から水平距離8メートルを減じたものの0.6倍に15メートルを加えたもの以下とする。

第3種高度地区

建築物の各部分の高さは、当該部分から前面道路の反対側の境界線又は、隣地境界線までの真北方向の水平距離が8メートル以内の範囲にあっては、当該水平距離の1.25倍に10メートルを加えたもの以下とし、当該真北方向の水平距離が8メートルを超える範囲にあっては、当該真北方向から水平距離8メートルを減じたものの0.6倍に20メートルを加えたもの以下とする。

制限の緩和

  • (1)この規定の適用による隣地との関係等による緩和に関する措置は、次の各号に定めるところによる。
    • ア北側の前面道路の反対側に水面、線路敷その他これらに類するもの(以下「水面等」という。)がある場合又は敷地の北側の隣地境界線に接して水面等がある場合においては、当該前面道路の反対側の境界線又は当該水面等に接する隣地境界線は、当該水面等の幅の2分の1だけ外側にあるものとみなす。
    • イ敷地の地盤面が北側の隣地(北側に前面道路がある場合においては、当該前面道路の反対側の隣接地をいう。以下同じ。)の地盤面(隣地に建築物がない場合においては、当該隣地の平均地表面をいう。以下同じ。)より1メートル以上低い場合においては、当該敷地の地盤面は、当該高低差から1メートルを減じたものの2分の1だけ高い位置にあるものとみなす。
  • (2)一の敷地とみなすこと等による緩和の措置は、次の各号に定めるところによる。
    • ア建築物の敷地又は建築物の敷地以外の土地で二以上のものが一団地を形成している場合において、建築基準法(昭和25年法律第201号、以下「基準法」という。)第86条第1項(同法第86条の2第8項においてこれらの規定を準用する場合を含む。)の規定により一又は二以上の建築物の一の敷地とみなす敷地については、当該一団地を当該一又は二以上の建築物の一の敷地とみなし、この規定を適用する。
    • イ一定の一団地の土地の区域について、基準法第86条第2項(同法第86条の2第8項においてこれらの規定を準用する場合を含む。)の規定により、当該区域内に存することとなる各建築物の一の敷地とみなす敷地については、当該一定の一団の土地の区域をこれらの建築物の一の敷地とみなし、この規定を適用する。

既存不適格建築物等に対する適用の除外

この規定の適用の際、現に存する建築物又は現に建築、修繕若しくは模様替の工事中の建築物が当該規定に適合しない部分を有する場合においては、当該建築物の部分に対しては、当該規定は適用しない。

許可による特例

次の各号の一に該当する建築物で特定行政庁(当該建築物に関する建築基準法上の事務について権限を有する特定行政庁をいう。以下同じ。)が許可したものについては、この規定は適用しない。この場合において、特定行政庁は、第2号又は第3号に該当するものについて許可するときは、あらかじめ建築審査会の同意を得るものとする。

  • (1)都市計画として決定した一団地の住宅施設に係る建築物で土地利用上適当と認められるもの
  • (2)建築基準法施行令(昭和25年政令第338号)第136条に定める敷地内空地及び敷地規模を有する敷地に総合的な設計に基づいて建築される建築物で市街地の環境の整備改善に資すると認められるもの
  • (3)その他公益上やむを得ないと認め、又は周囲の状況等により環境上支障がないと認められる建築物

2最低限度高度地区

建築物の高さ(地盤面からの高さ)の最低限度を7メートルに定めて、土地の高度利用を図る地区です。

既決定地区

建築物の高さの最低限度

補助100号線地区
旧日光街道地区
桜土手通り地区
補助138号線地区
補助256号線地区
補助109号線地区
放射11号線地区
放射12号線地区
環状7号線地区
小台通り地区
補助113号線地区
補助136号線地区

建築物の高さ(地盤面からの高さによる。以下同じ。)の最低限度は7メートルとする。ただし次の各号の一に該当する建築物又は建築物の部分については、この規定は適用しない

  • (1)都市計画施設の区域内の建築物
  • (2)高さが7メートル未満の建築物の部分の水平投影面積の合計が建築面積の2分の1未満かつ100平方メートル未満の建築物の当該部分
  • (3)増築又は改築に係る建築物で当該増築又は改築が建築基準法施行令(昭和25年政令第338号)第137条の7第1号及び第2号に定める範囲のもの
  • (4)附属建築物で平屋建のもの(建築物に附属する門又はへいを含む。)
  • (5)地下若しくは高架の工作物内又は道路内に設ける建築物その他これらに類するもの
  • (6)その他の建築物で特定行政庁(当該建築物に関する建築基準法上の事務について権限を有する特定行政庁をいう。)が公益上又は土地利用上やむを得ないと認めて許可したもの

(3)建築基準法施行令第137条の7(防火地域及び特定防災街区整備地区関係)は、平成17年の法改正により第137条の10(防火地域及び特定防災街区整備地区関係)となっています。

高度地区の区域、許可による特例に関する問い合わせ先

都市建設部建築室建築調整課市街地建築係(足立区役所中央館4階)

電話03-3880-5111(内線2645から2646)

都市建設部建築室建築調整課用途照会係(足立区役所中央館4階)

電話03-3880-5111(内線2651から2653)

高度地区の制限に関する問い合わせ先

都市建設部建築室建築審査課審査第一係・第二係(足立区役所中央館4階)

電話03-3880-5111(内線2615、2621)

関連情報

お問い合わせ

都市建設部都市計画課都市計画係

電話番号:03-3880-5280(直)

ファクス:03-3880-5619

Eメール:tosi@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?