• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 暮らし > 生活の問題・貸付資金 > 貸付資金 > 受験生チャレンジ支援貸付金

ここから本文です。

更新日:2017年4月18日

受験生チャレンジ支援貸付金

入学試験に備えるために必要な学習塾・通信講座などの受講費用や高校・大学受験に必要な受験料を貸し付けます。

※貸付の審査および資金の交付は、東京都社会福祉協議会が行います。

貸付金の内容

  • いずれも対象となる子どもは、原則都内に1年以上在住していて、4月1日現在、19歳以下の方(中学校・高校既卒者、高校・大学など中途退学者、高校・大学などへの編入学希望者、高等学校卒業程度認定試験合格者、定時制高校4年生、浪人生など)
  • 貸付金の申し込みは高校・大学それぞれ子ども1人につき1回限り

(1)学習塾など受講料貸付金

  • 内容
    学習塾・各種受験対策講座・通信講座の受講費用・模擬テスト費用
    (注意)有償で学力の教授を直接または通信(添削)で行うもの。継続した事業運営が確認できるもの(家庭教師は除く)
  • 対象となる子ども
    中学3年生または高校3年生とそれに準ずる方
  • 貸付金額
    上限20万円

(2)受験料貸付金

学校教育法に規定する高等学校・特別支援学校高等部・高等専門学校・通信制高等学校と提携するサポート校などの受験料

  • 対象となる子ども
    中学3年生とそれに準ずる方
  • 貸付金額
    上限2万7,400円(4校(回)分まで。1校〈回〉あたりの上限は2万3,000円まで)

学校教育法に規定する大学・短期大学・専修学校・各種学校の受験料

  • 対象となる子ども
    高校3年生とそれに準ずる方
  • 貸付金額
    上限8万円(校(回)数に制限なし)

対象者

貸付金の対象となる子どもを養育し、以下の要件をすべて満たした方が対象です。

  • 世帯の生計中心者(20歳以上)
  • 世帯収入(父母など養育者)の総収入または総所得を合算した金額が一定基準以下(下表参照)
給与収入の場合の総収入(年間)の基準額(世帯人数ごと)
世帯形態 2人 3人 4人 5人
一般世帯 271万7,000円 334万3,000円 386万4,000円 441万5,000円
ひとり親世帯 301万8,000円 378万8,000円 441万5,000円 483万2,000円

(注意)世帯人数とは父母など養育者および就労前の子どもの人数

(注意)世帯人数が6人以上の基準額はお問い合わせください。

(注意)賃貸物件に住んでいる方は年額84万円(月額上限7万円)を限度に家賃分を本人総収入から減額できる場合あり

(注意)営業所得など、給与収入以外の所得がある場合などは、合計所得金額で確認(家賃分の減額は不可)。くわしくはお問い合わせください。

  • 世帯員の預貯金など資産の保有額が600万円以下
  • 世帯員が土地・建物を所有していない(現在住んでいるまたは生計維持に必要な土地、建物を除く)
  • 東京都内に引き続き1年以上在住し、住民登録がある
  • 生活保護を受給していない
  • 暴力団員でない
  • 本貸し付けの連帯保証人になっていない
  • ほかの公的貸し付けの返済を滞納していない(連帯保証人としての滞納を含む)
  • 同一世帯でない連帯保証人(1人)を確保している(連帯保証人を立てられない場合は、要支援者(子)を連帯借受人とする〈条件あり。要相談〉)

貸付金の返済

高校・大学に入学したなど、一定の条件を満たした場合、審査のうえ返済が免除されます。くわしくはお問い合わせください。

問い合わせ窓口

くわしくは、お住まいを担当する足立福祉事務所の窓口にお問い合わせください。

足立福祉事務所の担当地域

関連情報

お問い合わせ

中部第一福祉課総合相談係03-3880-5875
中部第二福祉課総合相談係03-3880-5419
千住福祉課総合相談係03-3888-3142
東部福祉課総合相談係03-3605-7129
西部福祉課総合相談係03-3897-5013
北部福祉課総合相談係03-5831-5797

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?