• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 地域文化活動 > 人権・平和 > 様々な人権問題 > 「差別」「偏見」って何?

ここから本文です。

更新日:2016年6月15日

「差別」「偏見」って何?

人権を考える際にしばしば登場する「差別」や「偏見」とは、一体どういうことなのでしょうか。

「偏見」とは、偏ったものの見方や考え方をいい、「思い込み」「決め付け」と言い換えることもできます。血液型のみによる性格の判断や、学歴のみによる人物の評価は、その一例です。

この「偏見」や固定観念・世間体を気にする意識などが、表現や行動として外部に現れることによって起きてしまうのが「差別」の問題です。特に、出身地や性別など、本人には責任のない事柄にとらわれて、合理的な理由なく分け隔てをすることは、差別につながるおそれがあります。

根拠のない偏見にとらわれず、一人ひとりの個性に着目し「その人自身」を知ろうとすること。それが「不合理な差別をしない、させない」ための第一歩です。

お問い合わせ

総務部総務課人権推進係

電話番号:03-3880-5497

ファクス:03-3880-5609

Eメール:soumu@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?