• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 地域文化活動 > 人権・平和 > 同和問題 > 【あだち広報2013年1月1日号記事】同和問題コラム

ここから本文です。

更新日:2016年6月15日

【あだち広報2013年1月1日号記事】同和問題コラム

「同和問題はこわい問題である」という人々の誤った意識を悪用し、同和問題を口実に、会社・個人や官公署などに不当な利益や義務のないことを求める行為を「えせ同和行為」といいます。えせ同和行為は、同和問題に関する誤った意識を植えつけ、問題の解決を遅らせる大きな原因となります。

要求内容として多いのが、高額な機関紙・図書などの購入強要、賛助金の強要、仕事の発注強要などで、法務省が20年度に実施した調査では、対象となった全国3,000の事業所のうち16%が、えせ同和行為による要求を受けたと回答しています。

不当な要求に対しては、はっきり断ることが大切です。

対応のポイント

毅然とした態度で

応じる意思がないのなら、きっぱりと断る。「検討します」など、相手に期待を抱かせる発言はしない。

「差別だ」と言われても慌てない

「人権・同和問題への理解が足りない」「要求に応えないのは『差別だ』」と言われても慌てない。「法務局などの指導を受け対応したい」と答える。

購入の意思がないなら受け取らない

断ったにもかかわらず書籍が送られてきたときは、受け取りを拒否するか、購入する意思のないことを明確にして速やかに返送する。

えせ同和行為に対する相談先

東京法務局

電話番号:0570-003-110

お問い合わせ

総務部総務課人権推進係(区役所南館9階)

電話番号:03-3880-5497

ファクス:03-3880-5609

Eメール:soumu@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?