• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 地域文化活動 > 人権・平和 > 様々な人権問題 > スポーツを通じて人権問題を考えよう

ここから本文です。

更新日:2016年6月15日

スポーツを通じて人権問題を考えよう

皆さんは、日々スポーツをしていますか?

私たちは、スポーツをすることで達成感や爽快感を得ることができます。また、ほかの人々との交流を通じて、友情や連帯、フェアプレーの精神を学び、豊かな人間性を育むことができます。スポーツからこのような楽しさを得る権利は、年齢や性別、障がいの有無にかかわりなくすべての人が持っているのです。

繰り返される人権問題

しかし、今でも人種差別など相手を深く傷つける行為は後を絶ちません。このような行為は、重大な人権侵害につながります。

人権を侵害しないために

オリンピックの精神を文章にした「オリンピック憲章」では、「スポーツを行うことは人権の一つであり、いかなる種類の差別もなくスポーツを行う機会が与えられなければならない」と謳われています。お互いにスポーツを楽しむ権利を尊重し、常に相手を思いやる心を持つことが大切です。

お問い合わせ

総務部総務課人権推進係

電話番号:03-3880-5497

ファクス:03-3880-5609

Eメール:soumu@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?