• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 地域文化活動 > 人権・平和 > 様々な人権問題 > 路上生活者(ホームレス)の一日も早い自立のために

ここから本文です。

更新日:2016年6月15日

路上生活者(ホームレス)の一日も早い自立のために

自立の意思がありながらも、やむを得ず路上生活者(ホームレス)となる方々に対し、偏見や差別意識等から、いやがらせや暴行といった問題が起きています。
また、路上生活者(ホームレス)は高齢化や路上生活期間の長期化が進んでおり、心身の健康に不調をきたすなど、厳しい生活を送る方も多くなっています。
国は、平成14(2002)年に「ホームレス自立支援法」を制定し、国や地方公共団体の責務として、路上生活者(ホームレス)の自立等を支援するため、福祉や保健分野等の取り組み、及び人権問題に関する普及啓発を行うことを求めています。
路上生活者(ホームレス)の一日も早い自立のためには、路上生活者(ホームレス)の置かれている状況や自立支援の必要性について理解し、偏見や差別意識をなくしていくことが大切です。

お問い合わせ

総務部総務課人権推進係

電話番号:03-3880-5497

ファクス:03-3880-5609

Eメール:soumu@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?