• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 地域文化活動 > 人権・平和 > 同和問題 > 【あだち広報2013年8月10日号記事】同和問題コラム

ここから本文です。

更新日:2016年6月15日

【あだち広報2013年8月10日号記事】同和問題コラム

焼肉・ステーキ・ハンバーグ、皆さんは肉がお好きですか?おいしい肉料理が食卓に並ぶには、牛や豚などの命を失わせ、肉を取らなくてはなりません。

同和地区(被差別部落)の人たちの多くは、そうした「と畜」と呼ばれる仕事や死体の処理などの仕事に就いていました。私たちの生活に不可欠な尊い役割を担っているにもかかわらず、感謝されるどころか、わが国特有の死を忌み嫌う「けがれの思想」の影響などから、その人たちに対する差別が形成されていきました。

その後、行政の取り組みや当事者の努力により、住環境など目に見える状況は改善されてきました。しかし、差別の意識は根強く残り、その地域に住む人や関係者は今でも差別を受けています。

具体的には、週刊誌やインターネット上でこの問題に関係する人物としてマイナスイメージを植えつける行為が行われたり、不動産業者による土地に係る歴史調査が行われるなど、差別はなくなったとは言えません。

こうした本人の責任によらない不当な差別をなくすためには、「放っておけばなくなる」といった消極的な意識から、理解を一歩深め、常に「差別をしない、させない」という人権思想を普及していく必要があります。

区では、関係する人権団体と連携し、「区民企画同和問題講座」など啓発事業を進めています。

お問い合わせ

総務部総務課人権推進係

電話番号:03-3880-5497

ファクス:03-3880-5609

Eメール:soumu@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?