• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 福祉・健康 > 心身に障がいのある方のために > 携帯型難聴用磁気ループ(ヒアリングループ)の貸し出し

ここから本文です。

更新日:2017年7月27日

携帯型難聴用磁気ループ(ヒアリングループ)の貸し出し

聴覚の障がいをお持ちの方の聴こえを支援し、区内公共施設で開催する会議や講演会などへの参加の機会を広げるために、携帯型難聴用磁気ループ(ヒアリングループ)を無料で貸し出しています。

貸出物品

  1. 磁気ループアンプ本体(HS-60)
  2. ドラム型ループアンテナ
  3. ケーブル
  4. 受信機(3台まで)

対象者

  1. 区内聴覚障がい者団体又は区内在住の聴覚障がい者
  2. 区内障がい者団体又は区内在住の障がい者
  3. その他障がい福祉課長が特に認めた者

使用場所

区内公共施設

設置及び撤去は、借受人または使用者が行ってください。

貸し出し方法

申請

磁気ループの貸出しを希望する方は、事前に障がい福祉課で空き状況を確認、予約の上、物品借用申請書を提出してください。

申請書ダウンロード

word版(36KB)

pdf版(9KB)

貸し出し

貸出期間初日(平日午前8時30分から午後5時まで)に、障がい福祉課(区役所北館1階)で貸し出します。

貸し出しの制限

次のいずれかに該当するときは、貸し出しを認めません。

  1. 公の秩序を乱し、公益を害するおそれがあるとき
  2. 備品を損傷するおそれがあると認めたとき
  3. 管理運営上支障があるとき
  4. 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第2項に掲げる指定暴力団員及びその構成員、準構成員並びにその関係者であるとき
  5. その他障がい福祉課長が不適当と認めたとき

使用料

使用料は、無料です。

貸出期間及び返却

貸出期間は、物品借用申請書に記載した期間です。

貸し出しと同様に返却窓口も障がい福祉課です。使用会場までの往復運搬は、借受人の責任において借受人が行ってください。

貸出期間中であっても障がい福祉課から返却を求められたときは、直ちに応じてください。

備品を返却したときは、障がい福祉課職員の確認を受けてください。

その他

その他、聴覚障がい者用ビデオ・映画フイルム・機器の貸出のサービスがあります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部障がい福祉課障がい福祉係

電話番号:03-3880-5255

ファクス:03-3880-5754

Eメール:s-fukusi@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?