• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 子育て・教育 > 子育て > 足立区寡婦(夫)控除のみなし適用の実施

ここから本文です。

更新日:2016年3月16日

足立区寡婦(夫)控除のみなし適用の実施

足立区では、次世代を担う子どもに対する支援の観点から、「婚姻歴がないひとり親世帯」を対象に、寡婦(夫)控除のみなし適用を実施します。

婚姻歴がある人など、税法上の寡婦(夫)控除を受けられる方は、このみなし適用の対象とはなりません。

1みなし適用の内容

保育所保育料などについて、寡婦(夫)控除のみなし適用の申請に基づき、寡婦(夫)控除があるものとして住民税の対象となる所得を計算して、利用料等の減額等を行うものです。

みなしで寡婦(夫)控除を適用しても、所得の状況によって、利用料等の減額等にならない場合があります。

なお、税法上の控除を受けることはできません。

2対象者

婚姻歴がないひとり親世帯

3適用開始時期

平成28年4月1日以降

4対象事業と申請窓口等

詳しい内容や手続きについては、下記の申請窓口へ直接お問い合わせください。

  1. 学童保育室保護者負担金
    地域のちから推進部住区推進課学童保育係 03(3880)5863
  2. 私立幼稚園保護者補助金
    子ども家庭部子ども家庭課私立幼稚園係 03(3880)6147 平成28年3月まで
    子ども家庭部子ども政策課私立幼稚園係 電話同上 平成28年4月から
  3. 保育施設(認証保育所除く)保育料
    子ども家庭部子ども・子育て支援課入園事務係 03(3880)5263 平成28年3月まで
    子ども家庭部子ども施設入園課入園第一係・入園第二係 電話同上 平成28年4月から
  4. 認証保育所利用者助成
    子ども家庭部子ども・子育て施設課保育支援係 03(3880)5428 平成28年3月まで
    子ども家庭部子ども施設入園課地域保育係 電話同上 平成28年4月から

5控除額

  1. 寡婦控除(26万円)
    婚姻歴がない母で、扶養親族である子又は生計を一にする子(総所得金額が38万円以下で他の人の配偶者控除、扶養控除の対象となっていない)がいるもの
  2. 特別寡婦控除(30万円)
    婚姻歴がない母で、扶養親族である子を有し、合計所得金額が500万円以下であるもの
  3. 寡夫控除(26万円)
    婚姻歴がない父で、生計を一にする子(総所得金額が38万円以下で他の人の配偶者、扶養控除の対象となっていない)を有し、合計所得金額が500万円以下であるもの

6関連情報

お問い合わせ

政策経営部政策経営課経営管理担当

電話番号:03-3880-5811

ファクス:03-3880-5610

Eメール:seisaku@city.adachi.tokyo.jp

※申請手続き等の内容に関するお問い合わせは、各事業の担当課までお願いします

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?