• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 暮らし > 動物・ペット > 繁殖期のカラスによる被害を防ぐために

ここから本文です。

更新日:2016年11月10日

繁殖期のカラスによる被害を防ぐために

カラスは3月頃から巣をつくり始め、4月から6月頃にかけての繁殖期に卵を産み、ヒナを育てます。この時期は、親ガラスは卵やヒナを守るために、巣やヒナに近づいた人などへの威嚇や攻撃をすることがあり、思わぬケガをすることがあります。カラスの習性を知り、繁殖期のカラスによる被害を防ぐ対策をとりましょう。

巣作りの材料を与えない

カラスは、電柱や樹木などに針金ハンガーや木の枝を利用して巣を作ります。自宅の庭木などに巣を作られないよう予防することも大切です。

巣の近くを通らない

  • 繁殖期は、巣の近くを避けて通るなど、なるべくカラスを刺激しない。
  • カラスの様子に注意し、異常を感じたときはその場を離れる。
  • カラスは背後から後頭部に攻撃をしてきます。傘などの棒状のものを手で持って頭上にあげてたり、ゴムやひもの付いた帽子をかぶり、身を守る。

落ちたヒナには近づかない

巣立ちの時期が近付くと、ヒナは足が丈夫になり巣の近くの木や枝を登ったり、羽ばたくようになります。しかし、うまく飛べないため、時には道路や庭などの地面に落ちることがあります。ヒナが地面に落ちた時は、親鳥がビルや電柱の上からヒナを見守り、周りを監視しています。子育て中の親ガラスは特に凶暴で、巣やヒナの近くを通る人を突然「攻撃」することがあります。

地面に落ちたヒナを守るため親ガラスが人に攻撃してくる場合は、足立保健所生活衛生課庶務係へご相談ください。

カラスの巣に関する問い合わせ先

巣の撤去等については、巣のある場所の管理者にご相談ください。

巣のある場所

相談窓口

電話番号

UR住宅(旧公団住宅) UR城北住宅管理センター 03-3842-4611
都営住宅 東京都住宅供給公社(JKK) 0570-03-0032
区営住宅 住宅課住宅管理係 03-3880-5938
国道の街路樹 国道管理事務所亀有出張所 03-3600-5541
都道の街路樹 都・建設局第六建設事務所 03-3882-4392
電信柱(東京電力)

東京電力カスタマーセンター

0120-995-002

電信柱(NTT)

NTT東日本代表

(固定電話)116

(携帯)0120-116-116

首都高速道路高架 東東京管理局保全グループ 03-3646-1238
都立公園

舎人公園管理事務所

東綾瀬公園管理事務所

中川公園管理事務所

03-3857-2308

03-3605-0005

03-3629-8164

区立公園

(緑道を含む)

東部公園係

西部公園係

南部公園係

03-3880-5239

03-3880-5314

03-3880-5845

区道街路樹 工事課 03-3880-5008
個人の住宅・寺社 足立保健所生活衛生課庶務係 03-3880-5375
その他の区施設 各施設管理者  

お問い合わせ

足立保健所生活衛生課庶務係
電話番号 03-3880-5375
ファックス番号 03-3880-6998
Email  seikatueisei@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?