• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 暮らし > 環境・ごみ > 住まいの衛生 > ネズミの被害にご注意を

ここから本文です。

更新日:2013年5月10日

ネズミの被害にご注意を

ネズミは見た目に不快なだけでなく、病原菌を媒介したり、人を刺すイエダニが寄生するだけでなく、住宅や設備機器などに被害を及ぼすこともあります。ネズミの被害から生活や財産を守るには、日常の管理と根気が必要です。

家に出るネズミ

クマネズミ

体長約15から20センチメートル。尾は体長より長く、目も耳も大きく、耳は折り返すと目をおおうほどになります。暑さや乾燥には強いが、寒さに弱く多湿を嫌います。天井裏や壁の中、ビル内部の高いところに生息します。身軽で運動能力が高く、電線を伝ったり壁を駆け上がるなど、立体的(縦)に行動します。警戒心が非常に強く、殺そ剤への感受性が低いです。

ドブネズミ

体長約20から25センチメートル。家の中に棲むネズミの中では最も大型で、尾は体長より短く、目・耳が小さめです。寒さに強く水辺を好み、泳ぎが得意です。下水道、ごみ処理場、床下、植え込み、ビルの低層階などに生息し、平面的(横)に行動します。警戒心はあまり強くなく、殺そ剤への感受性は高いです。

ネズミ駆除のポイント

ネ:寝床をつくらせない

巣の材料になるものは放置せずに収納して、ネズミに持ち出されないようにしましょう。家の内外を整理整頓し、ネズミの隠れ場所をなくすことが大切です。

〈巣の材料になるもの〉
衣類・タオル・シーツなどの布製品、ティッシュペーパー・新聞紙などの紙類、ビニール袋など

〈巣になりやすい場所〉
天井裏、物置、家具やテレビ、冷蔵庫の裏、押入やタンスの中、壁の中など

ズ:ずーっとある通り道をふさぐ

ネズミはわずかなすき間(1.2センチメートル以上の穴)があれば住居内に侵入します。垂直行動が得意なクマネズミの場合は、電線やパイプを伝ったり、粗い壁や閉じたシャッターなどをよじ登って侵入することができます。ドブネズミは土のある場所や排水管、下水溝などを通ってくることもあります。建物の内外を丹念に探すことが大切です。
侵入経路が見つかったらふさぎましょう。面積が広い場合は木やブリキ板、金網などを使用します。壁の穴や小さなすき間には不燃性のパテやモルタルで埋めたり、金属たわしや亀甲網などを丸めて詰めます。

ミ:身の回りのエサを片付ける

エサになるものは徹底的に撤去するか容器などにしまい、ネズミに触れさせないようにしましょう。

  • 食品は放置せずに、フタ付きの容器へ入れ冷蔵庫や扉が閉まる戸棚へしまいましょう。
  • 仏壇のお供えや花は、夜には片付けましょう。
  • ペットのエサは食べる分だけ与え、残りは片付けましょう。
  • 生ごみはフタ付きの容器へ入れ、フタをしっかり閉めましょう。
  • 石けんや化粧品などもエサになります。

わなをしかける

室内にわなをしかける際は、主に粘着シートを使用します。ただし、ネズミは警戒心が強いため、配置場所に工夫が必要です。

  • 侵入口や巣の周りに置く
    ネズミの通り道は黒く汚れていることが多いです。いつも通る場所は比較的警戒しません。
  • 壁際や角に置く
    ネズミは物に沿って歩く習性があります。
  • 広範囲に置く
    多ければ多いほど効果的です。
  • エサになるものは片付ける
    エサが少ないと捕獲率が高くなります。
  • ほこりや水に注意
    粘着部分にほこりや水が付着すると捕獲率が低くなります。

忌避剤と併用すると効果がある場合もあります。なお、殺そ剤(毒エサ)を使用する場合は、小さなお子さんやペットが誤って食べないよう、取扱いに十分注意が必要です。

体がかゆい!

体の柔らかい部分が刺されている、激しくしつこいかゆみがある、かゆい部分が赤く腫れているなどの症状がある場合は、ネズミに寄生するイエダニが原因と思われます。
イエダニは体長0.5から1.0ミリメートルでネズミの体や巣に寄生します。気温が上昇する初夏から初秋にかけてネズミの巣で大量発生することがあります。また、ネズミが巣からいなくなったり、死んだりしてネズミから吸血できなくなると、それらの場所を離れて移動し、人を吸血して激しいかゆみと発疹を引き起こします。
イエダニ対策はネズミを駆除することです。ネズミの巣や死骸を見つけたら取り除き、ゴキブリ用エアゾールなどを散布します。巣や死骸の場所がわからない場合は、清掃とくん煙剤などの殺虫剤をしましょう。

お問い合わせ

衛生部生活衛生課生活衛生係

電話番号:03-3880-5374

ファクス:03-3880-6998

Eメール:seikatueisei@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?