• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 暮らし > 環境・ごみ > 住まいの衛生 > 樹木に発生する虫

ここから本文です。

更新日:2012年8月2日

樹木に発生する虫

樹木にはさまざまな病害虫が発生します。これらの虫は不快なだけでなく、他の植物の生育を妨げたり、人に皮膚炎などの被害を与えることがあります。病害虫の早期発見と防除対策に努めましょう。
なお、殺虫剤などの化学物質は人体(特に発達期のこどもたちの健康)や環境へ与える影響が大きく懸念されています。できるだけ、薬剤を使わない害虫防除対策を行いましょう。

アメリカシロヒトリ

発生時期

年2回発生。樹木の割れ目や樹皮の下などで越冬し、5から6月と7から8月に成虫が発生、葉の裏に産卵します。幼虫は5から7月と8から9月に出現します。幼虫は葉を糸で覆って作った巣で集団生活し、葉脈を残して葉を食べます。

発生しやすい樹木

サクラ、ハナミズキ、プラタナス、トウカエデ、ヤナギ、カキ、コナラなど

人への被害

なし

防除方法

幼虫が群れをなしているうちに枝ごと切り落としましょう。この時期を過ぎると幼虫が樹木全体に広がってしまうため、発生時期に頻繁に樹木を見回るとよいでしょう。切り落とした枝や葉は踏みつぶす、ビニール袋に入れるなどしましょう。

チャドクガ

発生時期

年2回発生。4月中旬と8月下旬に卵から孵化します。幼虫は糸を吐き、頭をそろえて群生し、成長すると木全体に広がって葉を食害します。

発生しやすい樹木

ツバキ、サザンカ、ヤブツバキ、チャなどツバキ科の植物

人への被害

毒針毛に触れると激しいかゆみと発疹があらわれます。毒針毛は非常に細かく、繊維のすきまから入り込むこともあります。また、直接触れなくても木のそばを通っただけで被害にあうこともあります。

防除方法

冬のうちから葉裏の卵塊を探して除去するとともに、剪定を行い風通しをよくしておきましょう。幼虫の初期の段階であれば枝や葉をビニール袋で覆って切り取りましょう。作業は風のないときを選び、毒針毛が皮膚に触れないよう気をつけましょう。

イラガ

発生時期

年1から2回発生。幼虫は7から10月頃にわたって見られます。木の幹や枝にウズラの卵のような茶色い線の入ったマユが見られ、この状態で越冬します。幼虫は集団で葉裏に寄生し食害するため、葉が透かし状になります。

発生しやすい樹木

カキ、サクラ、ウメ、ケヤキ、カエデ、ヤナギなど

人への被害

幼虫にはトゲがあり、刺されると毒液を分泌するため激しい痛みがあります。

防除方法

冬に越冬しているマユを見つけたら取り除いておきましょう。幼虫を見つけた際は、枝や葉を切り落としましょう。切り落とした枝や葉は踏みつぶす、ビニール袋に入れるなどしましょう。

モンクロシャチホコ

発生時期

幼虫は8から10月頃に見られます。はじめは褐色ですが、成長するにつれ紫黒色になり白い毛が目立ってきます。葉裏に数十粒の卵塊で産卵され、幼虫は集団で葉を食害し、その後分散します。大発生すると、木の下に大量のフンが落ちます。

発生しやすい樹木

サクラ、ナシ、ウメ、モモなどバラ科の植物

人への被害

なし

防除方法

幼虫が分散する前に枝ごと切り落とします。切り落とした枝や葉は踏みつぶす、ビニール袋に入れるなどしましょう。

マツカレハ

発生時期

幼虫は10月下旬頃から越冬し、6月上旬より孵化します。成虫は6から10月に出現し、7から8月が最盛期となります。

発生しやすい樹木

アカマツ、クロマツ、チョウセンマツなどマツ属、カラマツ

人への被害

幼虫の黒い毒針毛に刺されると激痛があり、腫れ上がります。

防除方法

幼虫は、冬の間は根元などの狭いところにもぐりこんで越冬するため、マツの幹にワラで作ったこもを巻き、越冬のため移動中の幼虫を呼び寄せて、春に取り除いたワラごと焼却します。

害虫の駆除に薬剤を使用する場合は、次のことに注意しましょう。

  • 用法、用量等は薬剤の表示に従って使いましょう。
  • 風のないとき、または弱いときに行うなど、天候や時間帯を選びましょう。特に、近くに学校や通学路がある場合は、子どもに影響の出ないよう注意しましょう。
  • 事前に近隣の方へ周知するとともに、散布する場所には作業終了後1週間程度掲示を行いましょう。
  • 薬剤の散布は必要最低限にしましょう。
  • 作業終了後は手や顔を洗い、うがいをしましょう。
  • 薬剤は子供の手の届かない、鍵のかかる場所に保管しましょう。また、使用簿をつけきちんと管理しましょう。

関連PDFファイル

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

足立保健所生活衛生課生活衛生係
電話番号:03-3880-5374
ファクス:03-3880-6998
Eメール:seikatueisei@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?