• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 暮らし > 環境・ごみ > 住まいの衛生 > チャドクガに注意

ここから本文です。

更新日:2016年9月7日

チャドクガに注意

チャドクガは、ツバキ科の植物に、4月ごろから10月ごろまでの間に発生します。冬に産み付けられた卵は4月から5月にかけてふ化すると言われています。もし、ツバキ、サザンカ、茶などの葉っぱに集団で毛虫が付いていたら、チャドクガの幼虫(毛虫)だと思って間違いありません。
チャドクガの卵、幼虫(毛虫)、さなぎ、成虫やそれらの死がいには、毒を持つ毛(「毒針毛」と呼ばれる)が生えています。毒針毛に触れると激しいかゆみとハレを生じ、かいたり擦ったりするとハレが広がるので注意が必要です。特にお子様が毛虫等に近づかないように大人の方が注意してください。もし皮膚に触れたら、セロハンテープなどに貼りつけるか流水で洗い流し、毒針毛を取り除いてください。また、激しいかゆみとハレを生じたら、すぐに薬局や皮膚科に相談してください。直に触ることはもちろん、毒針毛が風に漂って肌に触れることもあるので、特に風下には近づかないでください。
もし、ご自宅でチャドクガが発生していたら、肌に触れないよう露出を避け、せん定(枝きり)を行い、袋に入れるなどして燃えるごみとして処分してください(毒針毛が周囲に飛散することがありますので、しっかりと密閉してください)。なお、殺虫剤を使用する場合は、使用方法や使用量を正しく守るほか、事前に近隣に声をかけ、風下など周囲の人にかからないように注意してください。また、このような被害を防止するには2月から3月に枝のせん定を行うのが効果的です。

なお、チャドクガの駆除は、樹木の所有者の責任において行っていただいております。駆除方法等については、生活衛生課までご相談ください。

チャドクガ

チャドクガ

お問い合わせ

足立保健所生活衛生課生活衛生係
電話番号:03-3880-5374
ファクス:03-3880-6998
Eメール:seikatueisei@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?