• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 福祉・健康 > 衛生 > 理美容・クリーニング営業 > 理容所を営業されている方へ

ここから本文です。

更新日:2017年8月7日

理容所を営業されている方へ

従業員の変更があった場合

雇入れ、解雇、異動、責任者の変更、管理理容師の追加があった場合、従業員変更届(PDF:7KB)をすみやかに提出してください。

この他に次のものが必要です。

  • 理容師免許証(本証)、管理理容師の修了証書(本証)の提示
  • 結核・皮膚病・その他厚生労働大臣指定の伝染性疾患の有無についての医師の診断書の添付(3か月以内のもの):診断書の例(PDF:8KB)

施設名の変更をした場合

変更届(PDF:4KB)をすみやかに提出してください。

印鑑が必要です。(法人の場合は代表者印)

開設者が法人で、法人名、代表者、事務所所在地等の変更があった場合

変更届(PDF:4KB)をすみやかに提出してください。

登記事項証明書の添付、代表者印が必要です。

開設者が個人で、住所等の変更があった場合

変更届(PDF:4KB)をすみやかに提出してください。

印鑑が必要です。

小規模な構造設備の変更があった場合

50%未満の小規模な変更の場合は、施設の構造設備の概要図を添付して、変更届(PDF:4KB)をすみやかに提出してください。

印鑑が必要です。(法人の場合は代表者印)

相続、合併、分割による開設者の地位の承継があった場合

承継があってから60日以内に届出を行ってください。

相続による場合(親⇒子等)

開設者の地位承継届(相続)(PDF:4KB)、戸籍謄本(相続人が全員記載されているもの)、営業者の地位の承継について相続人全員の押印した同意書が必要です。
印鑑が必要です。(法人の場合は代表者印)

合併・分割による場合(法人A⇒法人B等)

開設者の地位承継届(合併又は分割)(PDF:7KB)、合併(分割)後存続する法人、または合併(分割)により設立する法人の登記事項証明書、印鑑は代表者印が必要です。

廃止した場合

完全廃業、移転、名義変更、大規模な構造設備の変更があった場合は、廃止届(PDF:4KB)をすみやかに提出してください。

開設時に交付した確認書の添付が必要です。

印鑑が必要です。(法人の場合は代表者印)

移転、名義変更、大規模な構造設備の変更があった場合

廃止及び、開設の手続きが必要です。構造設備の概要図を持って保健所窓口でご相談ください。

関連PDFファイル

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

足立保健所生活衛生課生活衛生係
電話番号:03-3880-5374
ファクス:03-3880-6998
Eメール:seikatueisei@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?