• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 福祉・健康 > 衛生 > 医療・薬事衛生 > 【医療機関向け】医師法第20条ただし書の適切な運用について

ここから本文です。

更新日:2013年2月7日

【医療機関向け】医師法第20条ただし書の適切な運用について

年、在宅等において医療を受ける患者が増えている一方で、医師の診断を受けてから24時間を越えて死亡した場合に、「当該医師が死亡診断書を書くことはできない」又は「警察に届け出なければならない」という、医師法第20条ただし書の誤った解釈により、在宅等での看取りが適切に行われていないケースが生じているとの指摘があります。

うした状況を踏まえ、医師法第20条ただし書の解釈等について、その趣旨及び内容について十分御了知の上、その周知徹底を図るとともに、その運用をお願いします。
医師法第20条ただし書の解釈等の詳細については、関連PDFファイル「厚生労働省通知」、「東京都通知」をご覧下さい。

関連PDFファイル

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

足立保健所生活衛生課医薬衛生係
電話番号:03-3880-5362(直通)
ファクス:03-3880-6998
Eメール:iyaku@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?