• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 地域文化活動 > 区民参加 > 協働 > あだち協働パートナー基金とは

ここから本文です。

更新日:2017年5月1日

あだち協働パートナー基金とは

※協働パートナー基金は、あだち虹色寄附制度(ふるさと納税)のひとつです。
寄附により、税の優遇がございます。

1 協働パートナー基金のしくみ

協働パートナー基金では、区の財源と皆さんからの寄附金を積立て、「げんき応援助成」として、公益性の高い活動を行うNPO団体の事業に対し助成を行っています。寄附と助成の循環により、住民同士が支えあい、区内の社会貢献活動の充実とより豊かな地域を一緒に目指すしくみです。

kihu

基金の仕組み

寄附によってこんな活動が支援されています!

平成28年度の寄附状況

寄附件数…14件 寄附金額合計…5,932,715円

平成27年度の寄附状況

寄附件数…8件 寄附金額合計…465,687円

平成26年度の寄附状況

寄附件数…8件 寄附金額合計…954,014円

2 寄附をお考えの方に

協働パートナー基金への寄附を希望される方は、下記のいずれかの方法でお申し込みください。お申込みいただいた方に、納付書(払い込み用紙)をお送りしますので、各金融機関からお振込みください。

お電話でお申し込み

区民参画推進課区民参画支援係までお気軽にお電話ください。
申出書の内容を口頭にてお伺いさせていただきます。

電話の場合:03-3880-5020(区民参画支援係直通)

郵送・ファクス・Eメールでお申し込み

「あだち虹色寄附申出書」に必要事項を記入の上お送りください。
寄附申出書はこちらからダウンロードできます。

申出書<WORDファイル>(ワード:47KB)

[申出書の送付先]

  • 郵送の場合:〒123-0851 足立区梅田7-33-1エルソフィア内
    区民参画推進課区民参画支援係まで
  • ファクスの場合:03-3880-0133

3 納付方法

領収書は確定申告の寄附金控除の際に必要です。大切に保管して下さい。

※領収書は確定申告の寄附金控除の際に必要です。大切に保管して下さい。

4 税制上の優遇措置について

寄附金額によって税制上の優遇措置が受けられます。
詳しくは「寄附金税額控除」を参照してください。

個人の方

  • 寄附金のうち2,000円を超える金額が、所得税の所得控除である寄附金控除の対象になります。領収書を確定申告書に添付の上、管轄税務署に確定申告を行ってください。
  • また、2,000円を超える金額が、住民税(個人住民税所得割額)の概ね2割を上限として、一定割合で税額控除されます。
  • 確定申告をする必要のない給与所得者等の方は、条件を満たせば、確定申告に代わり「ふるさと納税ワンストップ特例制度(PDF:89KB)」を利用可能です。

※寄附金額や寄附者の収入等により、控除額は変わります。
詳しくは、足立区区民部課税課【03(3880)5230から2(直通)】までお問い合わせください。

法人の方

寄附金額の全額を損金算入することができます。
詳しくは、管轄の税務署にお問い合わせください。

5 区からのお礼

区外在住の方が足立区にご寄附いただいた場合、寄附金額により、お礼のしるしに心ばかりの品をお贈りさせていただきます。

※平成29年5月1日から総務大臣の通知(総税市第28号)に基づき返礼品贈呈の対象を区外在住の方とさせていただいております。

返礼品のご案内(PDF:161KB)

総務大臣通知(ふるさと納税に係る返礼品の送付等について)(PDF:116KB)

関連PDFファイル

関連情報

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域のちから推進部区民参画推進課区民参画支援係

電話番号:03-3880-5020

ファクス:03-3880-0133

Eメール:npo@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?