• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 暮らし > 届け出 > 亡くなられた時の手続き > 児童手当(亡くなられた時の手続き)

ここから本文です。

更新日:2016年12月22日

児童手当(亡くなられた時の手続き)

児童手当の受給者(手当の振込先に指定されている保護者)が亡くなられた場合、亡くなった日で児童手当の受給資格が消滅します。
亡くなられた方に代わってお子さまを養育する保護者の方は、下記の手続きが必要となります。

児童手当の新規申請

今後お子さまを養育する方が児童手当を受給するには、新規に申請が必要です。申請に必要な物など、詳しくは児童手当のご案内をご覧ください。
※受給者の方が亡くなられた日の翌日から15日以内に申請すれば、亡くなられた日の翌月分から児童手当を受給することができます。申請が遅れると手当がもらえない月が発生しますので、速やかに申請をお願いします。

未払金請求(亡くなられた受給者に未払い分の手当が残っている場合のみ)

受給者が亡くなられた時期によっては、まだ支払われていない手当(未払金)が残っている場合があります。
(児童手当の受給者が亡くなられた場合、亡くなった月までの手当が支給されます。)
未払金が残っている場合は、未払金の請求をしていただくことで、未払金をお子さまの口座(注1参照)にお支払いします。

未払金の請求に必要なもの

  • 亡くなられた受給者が養育していたお子さまの普通預金通帳(注1参照)
  • お子さまの印鑑(注2参照)

〔注1〕未払い金の振込口座に指定できるのは、亡くなられた受給者が養育していたお子さま(支給要件のお子さまが2人以上いる場合は、一番年上のお子さま)の口座のみです。
〔注2〕未払金を振込みするお子さまの印鑑(朱肉をつかうもの。認印で可、スタンプ印不可)

受付窓口

親子支援課児童給付係(区役所中央館3階)

児童手当支給対象のお子さまが亡くなられた場合は・・・

戸籍の死亡届を出されていれば、児童手当に関する届出は不要です。
亡くなられたお子さまの児童手当は、亡くなられた月の分まで支給されます。
支給要件のお子さまが1人もいなくなった場合は、お子さまが亡くなられた日で児童手当の受給資格が消滅します。

関連情報

お問い合わせ

福祉部親子支援課児童給付係(区役所中央館3階)

電話番号:03-3880-6492(直通)

ファクス:03-3880-5573

Eメール:oyakoshien@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?