• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 子育て・教育 > 子育て > 手当・医療費助成 > 児童手当 > 児童手当の現況届は毎年提出が必要です

ここから本文です。

更新日:2017年5月20日

児童手当の現況届は毎年提出が必要です

児童手当の現況届とは

児童手当の現況届は、児童手当の受給者の毎年6月1日の状況を把握し、6月分以降の児童手当等を引き続き受ける要件(児童の養育や保護、生計が同一かどうかなど)を満たしているかどうかを確認するためのものです。

児童手当の現況届の提出が必要な方

平成29年5月分の児童手当を受けた方で、現況届の提出が必要な方には現況届の用紙を住民登録のご住所に転送不要郵便で5月31日に発送いたします。

現況届が届かない場合は児童給付係にご連絡ください。

平成29年5月分の児童手当を受けた方で、平成29年6月1日時点で引き続き足立区に居住している全ての受給者の方は現況届の提出が必要です。

提出期限

平成29年6月30日(金曜日)
※提出いただかないと6月分以降の手当が受けられません。

  • 児童給付係に返信用封筒で郵送するか、児童給付係窓口に提出してください。
  • 提出書類到着のお問い合わせは、郵送後1週間ほど後にお願いします。
  • 手当の支払い時期は提出時期により異なります。
  • 現況届や提出書類等に不備がある場合にも、手当の支払いが遅くなる場合がありますのでご注意願います。

提出するもの

  • 現況届
  • 下記の添付書類(下記のAからEに該当する方は、下記の書類も必要です)

⇒⇒添付書類につきましては、こちらのフローチャート(PDF:105KB)を参考にしてください。

A:厚生年金または共済年金に加入している方

健康保険証の保険者名称(保険証の下のほうに記載)に「国民」がつく健康保険組合の方

【例:東京土建国民健康保険組合、東京食品販売国民健康保険組合】

⇒「厚生年金等加入証明欄(PDF:5KB)」の証明が必要になります。

(現況届の証明欄に勤務先で証明を受けてください)

[注]全国土木建築国民健康保険組合に加入の方は、受給者本人の健康保険証のコピーを現況届に貼ってください。

 

健康保険証の保険者名称(保険証の下のほうに記載)に「国民」がつかない健康保険組合の方

【例:全国健康保険協会、〇〇会社健康保険組合、〇〇共済組合】

⇒「受給者本人(保護者)の健康保険証のコピー」(現況届に貼ってください)

(健康保険証のコピーを添付すれば、厚生年金等加入証明書欄の証明は不要です)

[注]養育する児童の健康保険証や受給者本人の運転免許証等では受付できません。

B:平成29年度課税(所得)証明書について

受給者または配偶者が平成29年1月1日時点で足立区に住民登録がなかった場合

⇒住民登録がなかった方の「平成29年度課税(所得)証明書」が必要です

[注1]受給者の課税(所得)証明書で配偶者控除を受けていることが確認できる場合は、配偶者の課税(所得)証明書は不要です。

[注2]平成28年中の所得がなかった場合は、非課税証明書の交付を受けてください。

 

受給者及び配偶者が平成29年1月1日時点で足立区に住民登録があった場合

⇒課税(所得)証明書は不要です(例外あり。[注6]を参照)

 

受給者または配偶者が平成29年1月1日時点で国外在住だった(国内のどの区市町村にも住民登録がなかった)場合

申立書(PDF:70KB)」、パスポートのコピー(顔写真のページ、出入国状況がわかるページ)の提出が必要です(足立区のホームページでダウンロードいただくか、ご連絡いただければ用紙をお送りいたします)。

 

[注3]平成29年1月1日時点で住民登録があった区市町村に請求してください。

[注4]所得額、控除全項目、扶養人数が記載されているものが必要です。

[注5]証明書のコピー、源泉徴収票、住民税の税額決定通知書等(特別徴収)では受付できません。

[注6]住民登録地以外に住民税の申告をされている場合は、申告されている区市町村で発行した課税(所得)証明書が必要です。

C:児童(18歳年度末までの方を含む)と別居している方

  • 「児童手当・特例給付別居監護申立書(PDF:73KB)
  • (児童の住所が足立区以外の場合のみ)
    「児童の居住する世帯全員の本籍、筆頭者、続柄が記載された住民票」
    〔注〕広域交付の住民票は使えません。ご注意ください。

D:児童(18歳年度末までの方を含む)の父母以外の方が児童を養育している場合

  • 申立書(父母以外の方が児童を養育していることについて)
  • 養育事実の申立書
  • 民生委員の意見書

E:児童(18歳年度末までの方を含む)が施設入所している、または里親に委託されている場合

  • 「消滅届」または「額改定届」
    〔注〕児童給付係にご連絡ください。用紙をお送りします。

その他

  • 上記AからEの他、児童手当の受給状況に応じて現況届とともにご提出いただく書類が異なる場合があります。同封された書類をご確認の上、現況届と一緒にご提出ください。
  • 現況届に印字されている児童以外に、養育する児童(18歳年度末までの方)が増えたときは、別途、額改定(増額)申請が必要になります。(現況届に追加して記入しただけでは増額になりません)
  • 平成29年6月1日以降に受給者の方が足立区から転出された場合等、足立区での手当の受給資格に該当しなくなった場合でも、現況届を提出する必要があります。
  • 現況届や書類に不備があった場合は、不足書類のご案内をお送りいたします。この場合、手当の支払が遅れることがありますので、現況届を提出する前に必ずご確認ください。


現況届の記入方法

⇒⇒記入例(PDF:250KB)を参考にしてください。

1「受給者」の欄

  • 児童手当を受給している方の氏名・住所を記入してください。
  • 配偶者の有無に〇をつけ、配偶者「有」の場合は配偶者の氏名を記入してください。
  • 「配偶者の年金」
  1. 厚生年金(被用者)・・・配偶者の方が働いていて、厚生年金に加入している場合
  2. 公務員共済年金・・・配偶者の方が公務員で、共済年金に加入している場合
  3. 上記以外(非被用者)・・・配偶者の方が国民年金に加入、未加入、専業主婦など上記1、2以外の場合

2「18歳年度末までの児童」の欄

  • 平成11年4月2日以降に生まれた児童について、書いてください。
  • 印字されている児童の他に養育している児童がいる場合は、下の欄に追記してください(別途、額改定(増額)申請が必要になります)。
  • 「続柄」・・・受給者の子の場合は「子」、孫の場合は「子の子」(受給者と養子縁組している子は「子」になります。)
  • 「監護の有無」・・・児童を養育している場合は「有」、していない場合は「無」
  • 「生計関係」・・・児童が受給者の子の場合は「同一」、孫など子以外の場合は「維持」(受給者と養子縁組している子は「同一」になります。)
  • 「同居別居の別」・・・別居している場合は児童の住所を書いてください。

3「年金加入状況」の欄

受給者が加入されている年金の種別で該当するものに〇をつけてください。
厚生年金および共済年金に加入されている方は、勤務先の名称等を記入してください。

4「厚生年金等加入証明欄」(国民年金加入・年金未加入の方は不要)

受給者が厚生年金または共済年金に加入している場合は下記の[a][b]どちらかが必要です。

[a]保険証の保険者名称(保険証の下の方に記載)に「国民」がつく健康保険組合の方

(例:「東京土建国民健康保険組合」、「東京食品販売国民健康保険組合」など)

⇒「厚生年金等加入証明欄(PDF:5KB)」の証明が必要になります。

(現況届の証明欄に勤務先で証明を受けてください)

[注]「全国土木建築国民健康保険組合」に加入している場合は、受給者本人の健康保険証のコピーを貼ってください。勤務先での証明は不要です。

 

[b]保険証の保険者名称(保険証の下の方に記載)に「国民」がつかない健康保険組合の方

(例:全国健康保険協会、○○会社健康保険組合、○○共済組合など)

受給者(保護者)の健康保険証のコピーを貼る(記入例参照)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部親子支援課児童給付係(区役所中央館3階)

電話番号:03-3880-6492(直通)

ファクス:03-3880-5573

Eメール:oyakoshien@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?