• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 子育て・教育 > 子育て > ひとり親への支援 > ひとり親家庭のお父さん、お母さんの修学と子育ての両立をサポート!「育児支援サービス利用料金助成事業」

ここから本文です。

更新日:2018年10月1日

ひとり親家庭のお父さん、お母さんの修学と子育ての両立をサポート!「育児支援サービス利用料金助成事業」

「足立区ひとり親家庭高等職業訓練促進給付金等事業」「足立区ひとり親家庭自立支援教育訓練給付金事業」を利用し、国家資格等の取得を目指している方が、実習期間中や学校への通学など修学のために、養育する12歳以下のお子さんの育児支援サービスを利用した場合、支払った利用料金を区が助成(限度額あり)します。

事業チラシ(PDF:472KB)

対象者

「足立区ひとり親家庭高等職業訓練促進給付金等事業」または「足立区ひとり親家庭自立支援教育訓練給付金事業」を受給している12歳以下(中学生はのぞく)のお子さんを養育している方

交付対象となるサービス

養成機関に在籍している期間に、養成機関での授業、講座の受講や養成を受けている資格取得にかかる実習、試験等の受講のために、一時的に利用した一時預かり保育や保育施設と自宅間の送迎等の育児支援サービス

注1)2018年10月1日以降に利用したサービスが対象となります

注2)育児支援利用登録料は助成対象外です

足立区で実施しているサービス

足立区にある幼稚園、認定こども園、認可保育所における一時預かり保育

足立区小規模保育事業一時保育制度による一時預かり保育

足立区家庭保育事業(保育ママ)による一時預かり保育

あだちファミリーサポートセンターでの一時的な預かり・保育施設や学童等への送迎

子ども預かり・送迎支援事業による一時的な預かり・保育施設や学童等への送迎

民間で実施しているサービス

公益社団法人全国保育サービス協会の登録事業者の認定ベビーシッターが行う一時預かり保育と施設自宅間等の送迎支援

助成金額

養成機関の在籍1ヶ月につき3000円

請求方法

足立区ひとり親家庭育児支援サービス利用料金助成金交付申請書(PDF:5KB)」「サービス利用状況報告書(PDF:4KB)」「費用を支払ったことがわかる書類(領収書等)」「授業・実習・試験など受講した内容がわかるもの」を添付のうえ、親子支援課へ請求ください。

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部親子支援課ひとり親家庭支援担当

電話番号:03-3880-5932

ファクス:03-3880-5573

Eメール:hi-shien@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?