• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 子育て・教育 > 子育て > ひとり親への支援 > ひとり親家庭実態調査の結果をお知らせします

ここから本文です。

更新日:2018年10月24日

ひとり親家庭実態調査の結果をお知らせします

区では、子どもたちが生まれ育った環境に左右されることなく、自分の将来に夢や希望が持てる地域社会の実現を目指しています。「未来へつなぐあだちプロジェクト」の一環として、ひとり親家庭の実態を把握するための調査を実施しました。

調査は以下の3つを実施しました。

(1)平成28年度アンケート調査

(2)平成28年度聞き取り調査(高校生以上の子ども・若者)

(3)平成29年度聞き取り調査(保護者)

調査結果の概要は、以下のとおりです。

足立区ひとり親家庭実態調査概要版(PDF:564KB)

調査で得た情報を活かし、区ではひとり親家庭の支援策について相談、交流事業、就労支援の充実に取り組んでまいります。

調査の概要

(1)平成28年度アンケート調査

調査対象 児童育成手当受給資格のある区内の母子世帯、父子世帯の保護者

抽出方法 児童育成手当受給資格者データから無作為抽出

調査方法 自記式質問紙によるアンケート調査(郵送による送付・回収)

調査時期 平成28年12月15日から平成28年12月28日まで

回収結果

 

母子世帯

父子世帯

外国人世帯

合計

調査票配布数

1,663

243

94

2,000

集計・分析対象数(有効回答率)

693(41.7%)

89(36.6%)

31(33.0%)

813(40.7%)

 

(2)平成28年度聞き取り調査

調査対象

平成28年度アンケート調査回答世帯の高校生以上の子ども・若者(聞き取り調査への協力依頼に対し協力の申し出があり、日程の都合がついた方)

調査方法 個別インタビュー

調査場所 足立区内の公共施設

調査時期 平成29年3月

調査人数 24名

(3)平成29年度聞き取り調査

第一部グループインタビュー

調査対象

平成28年度アンケート調査回答世帯の保護者(聞き取り調査への協力依頼に対し協力の申し出があり、日程の都合がついた方)

調査方法 1グループにつき3人から6人。90分程度。ファシリテーター2人

調査場所 足立区内の公共施設

調査時期 平成29年10月から12月まで

調査人数 母子世帯の母親29人。父子世帯の父親11人

第二部個別インタビュー

調査対象

足立区で高等職業訓練促進給付金を活用した方(聞き取り調査への協力依頼に対し協力の申し出があり、日程の都合がついた方)

調査方法 個別インタビュー60分程度。インタビュアーは1人または2人

調査場所 足立区内の公共施設

調査時期 平成29年10月から12月まで

調査人数 17人

ひとり親家庭実態調査結果報告書

(1)足立区ひとり親家庭実態調査アンケート調査報告書(PDF:3,330KB)

(2)足立区ひとり親家庭実態調査聞き取り調査平成28年度結果報告書(PDF:843KB)

(3)足立区ひとり親家庭実態調査聞き取り調査平成29年度結果報告書(PDF:128KB)

(4)調査票(アンケート調査参考資料)(PDF:965KB)

なお、各調査報告書は、親子支援課豆の木相談室(中央館3階)、でご覧いただくことができます。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部親子支援課ひとり親家庭支援担当

電話番号:03-3880-5932

ファクス:03-3880-5573

Eメール:hi-shien@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?