• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > まちづくり・住宅 > まちづくり・区画整理 > 不燃化促進事業による建築費助成等のご案内

ここから本文です。

更新日:2018年9月25日

不燃化促進事業による建築費助成等のご案内

「都市防災不燃化促進事業」は、都市防災上、早急に整備が必要な地域において、建物の不燃化を進め安全な避難路の確保と延焼遮断帯を整備するために導入しています。
この地域内において、燃えない建物を建てる方、老朽化した建物を除却する方に対して、建築費や除却費の一部を助成する制度です。

「不燃化促進事業ってなに?何のためにやるの?」という方は、下の「関連PDFファイル」にあります「『不燃化促進事業』のあらまし」をご参照ください。

不燃化促進事業対象地区と助成期間

【助成対象地区図(補助136・138号線沿道)】

不燃化促進助成対象区域図

地区名(不燃化促進区域) 事業終了年月日 備考
補助136号線関原・梅田地区 2023年3月31日 5年間延長しました
補助136号線扇・本木地区 2020年3月31日 5年間延長しました
補助138号線西新井駅西口その1工区地区 2021年3月31日 5年間延長しました
補助138号線西新井駅西口その2工区地区 2024年3月31日 平成26年12月18日開始
補助138号線興野・本木地区 2025年3月31日 平成27年4月1日開始

各地区とも都市計画道路の沿道おおむね30mの範囲が不燃化促進区域となっています。不燃化促進区域は、防火地域及び最低限度高度地区に指定されている区域と同じ範囲です。

補助136号線関原・梅田地区の事業期間が延長されました

関原・梅田地区の延焼遮断帯を形成するため、補助136号線の整備に合わせて、助成期間を2023年3月末まで5年間延長しました。ぜひご活用ください。

平成26年10月27日から助成対象が拡充しました

これまでの建築助成金(新築費用)、仮住居助成金(仮住まい費用)のほか、新たに除却助成金(取り壊し費用)、動産移転助成金(引っ越し費用)、移転雑費助成金(登記費用ほか)が助成項目に加わりました。
老朽化した建物の取り壊しだけでも、除却助成金を申請することができます。
また、宅建業者等による建物についても、一定の条件のもとで、助成対象になります。

助成申請の流れ

不燃化促進事業による建築費助成等のご意向がある場合は、助成申請の前に必ず密集地域整備課(03-3880-6269)にご相談ください。
工事に着手する日の約一ヶ月前に助成金の申請手続きが必要です。工事着手後は助成できません。ご注意ください。

助成手続流れ

関連PDFファイル

申請様式

関連情報

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市街地整備室密集地域整備課不燃化特区推進係

電話番号:03-3880-6269

ファクス:03-3880-5605

Eメール:missyu-seibi@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?