• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > まちづくり・住宅 > みどり・公園 > 緑や公園の計画・方針 > 緑の実態調査を実施しています!

ここから本文です。

更新日:2017年9月8日

緑の実態調査を実施しています!

緑の実態調査とは

緑は、空気の浄化やヒートアイランド現象の緩和、災害時の延焼防止などの役割を担うとともに、私たちの生活にうるおいとやすらぎを与えるなど様々な効果をもたらしています。
足立区は「足立区緑の保護育成条例」第4条に基づき、緑の実態調査をおおむね10年ごとに行っており、今回は平成21年に続き6回目の調査になります。

調査対象地域

足立区全域

調査期間

平成29年6月28日から平成30年3月23日まで

主な調査項目および内容

(1)緑の量についての調査

空中写真を撮影し、樹木や草地などの緑に覆われた面積を抽出し集計します。

(2)緑視率調査

区内68箇所(主要交差点や駅前など)について、人の目線で感じる緑の量を調査します。

(3)保存樹木、保存樹林の調査

区内の保存樹の所有者様にご協力いただき樹木の状態について調査します。

(4)緑化指導等の実績調査

これまで区が行ってきた緑化指導箇所について、現状を調査します。

(5)地表面温度調査

人工衛星の画像データを用いて区内全域の熱分布図を作成します。

(6)区民の皆様へアンケートを実施します。

緑に関する意識調査について、区政モニターを通して区民の皆様の意見をお聞かせいただきます。

(空中写真の例)

舎人公園

舎人公園周辺

区役所、中央公園

区役所、中央公園周辺

※平成21年度第5次緑の実態調査に関しては、以下の関連ファイル「足立区のみどり(概要版)」をご覧ください。

関連PDFファイル

緑の基本計画との関連について

「足立区緑の基本計画」は平成19年に策定され、計画期間を平成28年度までの10年間としていました。緑の基本計画は、都市緑地法第4条第3項の規定により、関連計画(環境基本計画、景観計画)と調和が保たれ、上位計画(基本構想、都市計画の方針)に即し、適合させる必要があります。そこで、上位計画の改定(策定)に合わせて「足立区緑の基本計画」の改定(策定)を行うため、その基礎的データの収集として緑の実態調査を行っています。なお、現「足立区緑の基本計画」は計画期間を平成31年度まで延伸しています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

みどり推進課計画係
電話番号:03-3880-5423
ファクス:03-3880-5620
Eメール:midori@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?