• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 区のデータ・資料 > 区政運営 > 人材募集 > 足立区立小・中学校の公募実施のお知らせ(現職の東京都公立学校正規教員対象)

ここから本文です。

更新日:2017年9月29日

足立区立小・中学校の公募実施のお知らせ(現職の東京都公立学校正規教員対象)

対象

自分のもつ能力や適性を生かし、自分の意志で応募できる制度です。チャレンジ精神に富み、意欲あふれる教員の積極的な応募をお待ちしています。

1 趣旨
東京都教育委員会の実施する教員定期異動に伴う公募制度に則り、足立区教育委員会は、本区の教育施策に関心をもつとともに、その具現化に意欲のある指導力の高い教員を募集します。

2 実施公募
(1)主幹主任公募
(2)CS(コミュニティ・スクール)教員公募
(3)特別支援学級教員公募

3 応募の要件
 (1)平成30年3月31日現在、都内公立小中学校に勤務する教員で、現任校に3年以上勤務している者を対象とします。(主幹教諭については、主幹教諭として現任校に3年以上勤務している者が対象です。主任教諭は、教諭としての勤務年数を合算することができます。)
(2)対象地区の教育施策、対象学校の特色ある学校づくりを理解し、高い関心や意欲のある者を対象とします。
(3)コミュニティ・スクール教員公募については、新規採用後1回目の異動に該当する者は応募の対象となりません。
(4)公立小中学校教員を対象とした他の公募に重複して応募することはできません。
(5)定期異動実施要綱の「第5異動の方法 1異動地域の指定・ステージ制の活用」に照らし、異なる3つの地域を経験していない者、若しくは2つのステージを経験していない者は、経験のある地域に含まれる地区には応募することはできません。
(6)教育管理職及び教育管理職候補者・教育管理職選考受験者は応募できません。
(7)4級職選考受験者(現在主幹教諭で指導教諭を受験している者も含む)は公募に応募することはできません。また、主任教諭選考受験者は主幹・主任教諭公募に応募することはでません。
(8)所属長および所属する教育委員会の推薦を得られた者を対象とします。ただし、必異動対象教員(現任校で、実勤務年数6年以上の者)については、推薦がなくても応募できます。(提出先は所属長とします。)

選考方法など

【募集人員】
(1)主幹主任公募
   小学校:主幹 各教科(若干名),主任 各教科10名程度
   中学校:教科未定(若干名)
(2)CS教員公募
   小学校:西新井第一小・平野小・弥生小・弘道小・大谷田小・栗原北小【教科未定(若干名)】
   中学校:第四中・第五中・谷中中・六月中【教科未定(若干名)】
(3)特別支援学級教員公募
   区内特別支援学級及び特別支援教室のある小学校:10名程度
   区内特別支援学級のある中学校        :若干名

【応募の手続き】
  下記の2点の書類をそれぞれの提出先に提出して下さい。
 (提出書類1)
   ◎公立小中学校教員公募応募用紙(様式2)
  ・提出先 :所属校の校長
  ・提出期限:応募者の所属する教育委員会のさだめる期日
(提出書類2)
  ◎任意の教科・単元での単元指導計画(A4用紙4枚程度)
  ・提出先 :以下のいずれかの提出方法で提出して下さい。
(1)持参する場合:足立区役所南館5階教育指導課窓口
   ※月曜日から金曜日(休日を除く)の午前9時から午後5時まで
(2)郵送する場合:〒120-8510足立区中央本町1-17-1 足立区教育委員会事務局教育指導課教員人事係
   ※封筒表面に「教員公募書類在中」と記載して、必ず簡易書留にて郵送して下さい。
  ・提出期限:平成29年10月27日(金曜日)必着

【選考の方法】
  書類選考及び面接
   ※面接日については、所属の教育委員会を通じて後日通知します。

備考

【足立区教育大綱】
  足立区では、平成28年2月に「足立区教育大綱」を策定しました。この大綱は、“これからを生き、将来、社会の担い手となる子どもたちをどのように育てあげるか”という、足立区の基本的な姿勢を示すものです。
・基本理念
「夢や希望を信じて生き抜く人づくり」を基本理念としました。迷いや困難に直面してもそれを乗り越え、自ら信じる夢や希望に向かっていけるたくましさを持って生きて欲しいという想いが込められています。
・世代別の理念
ライフステージを3つに分け、各世代における理念と人づくりの考え方を示しました。各世代を通じて培った力が、新たな世代を支えていくという考えを示しています。
・大綱の実現に向けた2本の柱
子どもたちを社会全体で支え育てていくことが欠かせないという視点から、1つ目に「誰もが子どもを支える主役」、足立区がおかれている厳しい状況もふまえ、2つ目に「貧困の連鎖を断ち切る教育」を理念実現のための重要な2本の柱として掲げました。

【足立区教育施策】
  足立区教育委員会は、次代を担う子どもたちのたくましく生き抜く力を育み、
教育目標を達成するため、以下の基本方針に基づき重点的に施策を展開します。
Ⅰ 就学前教育を充実し、心とからだの健やかな育ちを支える
Ⅱ 基礎的・基本的な学力の定着と体力向上を目指す
Ⅲ 多様な体験の場と機会を提供し、学ぶ意欲を育てる
Ⅳ 人権と生命を尊重する教育を推進する
Ⅴ 地域と協働し、家庭の教育力を高める

【足立区の求める教員像】
足立区の大きな課題は「学力の定着」です。学力向上への様々な取り組みを行っています。足立区教育委員会では、子どもたちの学力向上にチャレンジする意欲的な教員を求めています。このやりがいこそ明日のあなたの大きな糧になるはずです。区教委もあなたを応援します。

お問い合わせ

教育委員会事務局学校教育部教育指導課教員人事係

電話番号:03-3880-5974

ファクス:03-3880-5606

Eメール:kyo-sidou@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?