• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 地域文化活動 > 生涯学習・講座・サークル情報 > 公益財団法人足立区生涯学習振興公社

ここから本文です。

更新日:2015年8月24日

公益財団法人足立区生涯学習振興公社

公益財団法人足立区生涯学習振興公社(以下:公社)は、幼児から高齢者まで、幅広く区民の生涯学習を推進するための事業の実施、また、地域活動にかかわる人材の育成、さらに、その人材のネットワーク化を広げながら、さまざまな区民の自主活動を支援しています。現在は「あだち放課後子ども教室支援」事業を核として、地域での文化・スポーツ・学習活動の企画運営及びコーディネートをしています。

あだち放課後子ども教室

あだち放課後子ども教室は、小学校において放課後に校庭や図書室などを活用して、子どもたちが自由な遊びや自主学習、体験・交流活動を行っている教育委員会の事業です。各小学校の地域・保護者・PTAの方々によって構成される実行委員会が運営し、公社はその運営を支援しています。

あだち放課後子ども教室内容

対象者

あだち放課後子ども教室実施校の1年生から6年生で参加を希望する児童。

参加方法

学校ごとに、「登録申込書」を提出。提出後、希望する開催日へ自由参加。

活動内容

自由な遊びと自主学習

参加費

無料(保険料を負担する場合あり)

実施日

月曜日から金曜日(給食のある日の放課後)
※祝日、春・夏・冬休み中は、お休みです。

※実施内容(会場や対象学年など)は、各学校の状況により異なります。

※放課後子ども教室について、詳しくは「公益財団法人 足立区生涯学習振興公社」ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

安全管理員(見守りスタッフ※以下「スタッフ」)の配置

あだち放課後子ども教室には、各実行委員会で選任された、安全を管理するスタッフが配置されており、子どもたちが安全に過ごせるように活動を見守り、事故の防止や悪天候時の対応などを担当しています。スタッフは日頃の児童の様子や対応の仕方などをスタッフ会議などで話し合い、日々の運営に役立てています。

安全に管理するためのスタッフの取組み

スタッフは万が一のケガに備え、毎年、安全管理講習会に参加して、ケガの応急処置、心肺蘇生法やAED、熱中症の基礎知識などを学び、併せて、子どもと接するための必要なスキルを得るために実施するスタッフ研修にも参加しています。また、大規模な地震などを想定した小学校と合同の避難訓練に参加し、緊急時の誘導などを確認しています。

あだち放課後子ども教室では、随時、スタッフを募集しています。

各教室によって募集状況が異なりますので、詳しくは「あだち放課後子ども教室」担当(03-5813-3732※平日:午前9時から午後5時)までお問い合わせください。

生涯学習・スポーツ事業

区民の主体的な生涯学習活動を推進・支援する事業を展開しています。特に、子どもたちの活動をサポートする方のための学習機会と、活躍の場とつなぐプログラムを推進し、学習・スポーツの体験機会の拡充を進めています。

事業例

学習機会・体験機会の提供にかかる講座

「ストレスケアの心理学」など、区内大学と連携した講座を開催するとともに、「あだちウェルネスカレッジ」などで、健康づくりや生涯スポーツ活動に必要な最新情報を学ぶ機会を提供しています。

また、「読み語りキャラバン」「放課後キッズおりがみ教室」「シニア向けコーディネーショントレーニング体験教室」など地域での体験プログラムを展開中です。これら、体験プログラムの担い手として養成講座や講習会修了者が活躍しています。

あだちこどもサポーター養成・活動支援事業

地域で、子どもたちの活動をサポートする人材育成講座と、その後の活動を支援する事業を実施しています。「子どもと遊ぶおりがみ教室」や「読み語りのためのボイストレーニング」などでは、技術を学ぶとともに、子どもたちと関わる実習を体験します。多くの修了者が、学んだ成果を放課後子ども教室など地域でのボランティア活動に活かしています。レベルアップ講習や交流会を通して、活動継続の支援をしています。

体力向上のための人材育成事業

地域スポーツ指導者や健康づくり活動・地域活動に携わる方を対象とした講習会「運動あそびと体力向上トレーニング」を実施しています。あそびの要素を取り入れ、「体力」「運動能力」を向上させることが期待できる運動プログラムを、ワークショップ中心で学びます。

学習支援コーディネート

学校や地域の団体・グループなどの学習活動の企画や立案について、具体的な学習プログラムの提案や事業に合った人材、団体の紹介などを行い、区民の主体的な学びの機会を支援します。

文化事業

より多くの方々に親しまれるコンサートやアウトリーチ活動を実施して、文化芸術に触れる機会を提供します。区内で活躍するアーティスト同士のネットワークや、スキルアップを図り、地域における文化活動を支援します。

事業例

マイタウンコンサート

駅などの身近な施設で、足立区にゆかりのあるプロのアーティストを中心としたコンサートを開催します。

ドンどこ♪フェスティバル

区内の野外などの広場で、打楽器の即興演奏を中心とした催し物を行い、新たな「祭り」の場を創出します。

コンサートinミュージアム

区内の民間文化施設相互のネットワークを結び、コンサートなどの催し物を開催します。

ふれあい出前寄席、ふれあいコンサート

日ごろ文化芸術に触れる機会が少ない高齢者、障がい者などを対象に、施設などに出向き、地域で活躍する演奏家によるふれあいを中心とした寄席やコンサートを開催します。

小学校アウトリーチコンサート

できるだけ早い時期に音楽の楽しさ、素晴らしさを伝えるため、低学年を対象に、プロの演奏家による本物の演奏を間近で体験します。

演奏家のためのアウトリーチ講座

プロもしくはプロをめざしている演奏家を対象に、アウトリーチの技術向上と、地域で活躍する人材の育成を図ります。

あだちアートリンクカフェ

足立区にゆかりのあるアーティストや「アート」に関わる方々を対象に、様々な立場や役割を超えた相互の情報交換と交流を図り、新たなコラボレーションや活動の広がりを創出します。

区民の文化活動支援

「足立ジュニア吹奏楽団」、「ブリランテ」、「21世紀ADACHI芸術文化共同制作プロジェクト歓喜の演」、「足立区音楽祭」など、区民や区民団体などによる主体的な文化・芸術活動を支援しています。

イベントコーディネート

催し物や事業の企画などについての相談窓口を設け、アーティストの紹介や地域で行われる文化芸術に関する事業を支援します。

その他

当公社事業に関する詳しい内容については、下記ホームページをご覧ください。

公社についてのお問合せ

公益財団法人足立区生涯学習振興公社総務部企画総務課
電話03-5813-3724

関連情報

お問い合わせ

教育委員会事務局学校教育部教育政策課教育政策担当

電話番号:03-3880-5962

ファクス:03-3880-5641

Eメール:k-seisaku@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?