• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 区のデータ・資料 > 区政への窓 > 区政情報の公開・不服申立て > 情報公開制度・個人情報保護制度の運用状況

ここから本文です。

更新日:2017年8月1日

情報公開制度・個人情報保護制度の運用状況

区では、福祉やまちづくり、環境、教育など、区民の皆さんの生活に関わる様々な情報を取り扱っています。その基本的なルールとなる「情報公開制度」と「個人情報保護制度」の運用状況についてお知らせします。

公正で透明な区政を実現するための「情報公開制度」

区が保有する区政情報は、皆さんからの請求により閲覧することができます。必要な方は、写しを請求することもできます。情報は開示することが原則ですが、個人生活に関するものや、区政の適正な遂行に著しい支障を及ぼすおそれがあるものなどは非開示となる場合もあります。

主な請求の内容=指定管理者に関する情報の開示/区で行う工事契約に関する情報の開示

公社や指定管理者などの情報公開

区が財政支出などをする団体(公社など)や区の公の施設の指定管理者は、情報公開条例の趣旨にのっとり、独自に情報公開をしています。

実施団体(順不同)=社会福祉協議会/シルバー人材センター/土地開発公社/市街地開発株式会社/体育協会/勤労福祉サービスセンター/生涯学習振興公社/観光交流協会/区の公の施設の指定管理者

区が保有する個人情報を適正に取り扱う「個人情報保護制度」

区は、皆さんの生活に身近な仕事をしているため、氏名、住所、生年月日など、多くの個人情報を取り扱っています。

個人情報保護条例では、区民の皆さんが区の保有する個人情報の管理状況を知り、その開示を求めたり、適正な管理を要求したりする権利を保障しています。この制度を運用することで、区民の皆さんの権利利益の保護につながります。

主な請求の内容=住民票や戸籍関係交付申請書の開示/診療報酬明細書の開示

個人情報を守るために

個人情報保護制度では、区が保有する個人情報をたとえ区内部であっても収集した際の目的以外に利用すること(目的外利用)や、国や都などの外部の組織に提供すること(外部提供)を原則として禁止しています。また、個人情報を扱う業務を委託する際などには、内容や条件について情報公開・個人情報保護審議会にあらかじめ意見を聴くことにしています。

区では今後も情報公開を総合的に推進すると同時に、個人情報を適正に取り扱うことにより、より信頼される区政の実現に努めていきます。

関連PDFファイル

関連情報

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

広報室区政情報課情報公開担当

電話番号:03‐3880‐5225

ファクス:03-3880-5613

Eメール:kusei@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?