• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 区のデータ・資料 > 区政運営 > 区のオープンデータ

ここから本文です。

更新日:2015年12月4日

区のオープンデータ

ホームページサイトポリシーの適用を一部除外し、「このサイトの考え方」に従うことを条件に、複製、公衆送信、翻訳・変形等の翻案等、自由に利用できます。

  1. オープンデータとは
    国、地方公共団体等が保有する公共データを、二次利用が可能なルールで公開されたデータのことです。企業や区民等がオープンデータを有効活用することで、行政サービスの向上はもとより、行政の透明性や信頼性の向上、官民協働・区民参加の推進、新たなサービスやビジネスへの活用による経済の活性化につながることが期待されています。
  2. 意義・目的
    総務省が定める電子行政オープンデータ戦略(平成24年7月4日高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部決定)において、オープンデータの意義・目的について、以下の3点が挙げられています。
  • 透明性・信頼性の向上
    公共データが二次利用可能な形で提供されることにより、国民が自ら又は民間のサービスを通じて、政府の政策等に関して十分な分析、判断を行うことが可能になる。それにより、行政の透明性が高まり、行政への国民からの信頼を高めることができる。
  • 国民参加・官民協働の推進
    広範な主体による公共データの活用が進展し、官民の情報共有が図られることにより、官民の協働による公共サービスの提供、さらには行政が提供した情報による民間サービスの創出が促進される。これにより、創意工夫を活かした多様な公共サービスが迅速かつ効率的に提供され、厳しい財政状況、諸活動におけるニーズや価値観の多様化、情報通信技術の高度化等我が国を取り巻く諸状況にも適切に対応することができる。
  • 経済の活性化・行政の効率化
    公共データを二次利用可能な形で提供することにより、市場における編集、加工、分析等の各段階を通じて、様々な新ビジネスの創出や企業活動の効率化等が促され、我が国全体の経済活性化が図られる。また、国や地方公共団体においても、政策決定等において公共データを用いて分析等を行うことで、業務の効率化、高度化が図られる。

《参考》オープンデータ戦略の推進(外部サイトへリンク)(総務省ホームページ)

ライセンスの取扱い

このサイトの考え方」に基づき、ホームページで公開し自由な利用が可能なデータは、
クリエイティブ・コモンズ表示2.1日本ライセンス(外部サイトへリンク)」に基いて「CC-BY」で提供します。

当ライセンスは、「CC-BY」として指定した対象データのみに適用されます。それ以外のデータについては「このサイトの考え方」に準じてください。

 

知的財産権(著作権等)が発生していない状態、もしくは、権利が消滅した状態の作品、誰でも利用可能なデータは、
PublicDomain」で提供します。

PublicDomainMark
足立区によって特定されたこの作品は著作権法上の制約が知られている限り存在していません。

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスについては、「クリエイティブ・コモンズ・ライセンスとは(外部サイトへリンク)」のページをご覧ください。 

 

免責について

  • 利用者が画像データを含む掲載コンテンツを用いて行う一切の行為(コンテンツを編集・加工等した情報を利用することを含む)について何ら責任を負うものではありません。
  • 本利用ガイドおよび、掲載コンテンツは、予告なく変更、削除等が行われることがあります。
  • オープンデータとして公開したデータは、最新とは限りません。

オープンデータ・カタログ

足立区で提供しているオープンデータをジャンル別に一覧で掲載しています。
行政サービスやイベント情報を利用したアプリケーション、情報収集ツールの開発等にご活用ください。

×

オープンデータ・カタログ
オープンデータ・カタログ

お問い合わせ

広報室報道広報課広報係

電話番号:03-3880-5815

ファクス:03-3880-5610

Eメール:kouhou@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?