• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2015年11月10日

すくすくあかちゃん

赤ちゃんがすくすくと健康に育つために必要な手続きや支援をご紹介します。

健康診査

健康診査の対象年齢に達していて、まだ受けていないときは、各保健センター等へお問い合わせください。足立区の健康診査・予防接種は下記のとおりです。

健康診査一覧

乳児健康診査(3から4か月児、6か月児、9か月児)

乳児に対し、健全な発育や発達をもたらすため、疾病等の早期発見と予防、運動及び発達についての健康診査を実施しています。3から4か月児健診は各保健センター等で実施しています。6か月児・9か月児は都内契約医療機関で実施しています。

1歳6か月児健康診査

満1歳6か月を超え、満1歳8か月に達しない区内に住所を有する幼児に、内科健診(区内委託医療機関)、歯科健診(各保健センター等)を実施しています。

3歳児健康診査

満3歳以上、満4歳に達しない区内に住所を有する幼児に、3歳児の発育・発達の健康診査を行っています。管轄の各保健センター等から郵送で通知します。

予防接種

これで安心♪予防接種ナビ

保護者の方の「予防接種のスケジュール管理が大変!」という声にお応えして、足立区では、平成25年10月1日から東京23区初となる子どもの予防接種情報提供サービス「これで安心♪予防接種ナビ」を開始しました。お子さま一人ひとりに合わせた予防接種スケジュールを作成し、メールで直接お知らせいたします。
また、平成27年8月1日からタイトルが「足立区あんしん子育てナビ」に変わりました。「これで安心♪予防接種ナビ」の機能は変わりませんのでそのまま利用いただけます。

予防接種(定期接種)

予防接種の対象年齢に達していて、通知が届いていない場合や転入などで接種がまだ済んでいない場合は、保健予防係・各保健センター等へお問い合わせください。

予防接種(任意接種)

麻しん・風しんワクチン

区内にお住まいで、今まで一度も麻しん・風しんワクチン(又はMR混合ワクチン)を接種したことがなく、かつ麻しん(はしか)・風しんにかかったことのない2歳から18歳の方を対象にMR混合ワクチン・麻しん単独ワクチン・風しん単独ワクチンの任意接種の公費負担を行います。

離乳食をはじめよう

離乳食とは、それまで母乳やミルクでとっていた栄養を、食べ物からとれるように練習していくための食事です。首のすわりがしっかりしている、支えてあげると座れる、大人の食事に興味を示すなどの様子があったら、離乳食をはじめてみましょう。開始の目安は5から6か月くらいです。

すすめ方のポイント

  • まずは「おかゆ」から。慣れてきたら、にんじん、かぼちゃなどの野菜をプラスしましょう。
  • 初めての食材は1さじから、追加も1種類にしましょう。
  • 素材の味を生かして、薄味に。
  • 赤ちゃんのペースにあわせて、あせらずに進めましょう。
  • 家族で食卓を囲む、話しかけるなど、楽しい雰囲気で離乳食をあげましょう。

1歳をすぎたら幼児食へステップアップ

幼児食のポイントは、食事はバランスよく!おやつは食事の一部!ということです。食事のバランスを良くするため、赤(肉・魚・卵・豆類)、黄(ごはん・パン・麺)、緑(野菜)をそろえましょう。おやつはお菓子ではなく、食事の代わりになるものを選びましょう。

よい歯の子どもを育てよう

各保健センター等では、歯科健診・相談、歯の健康教室を実施しています。

親子の歯や口に関する相談

  • マタニティ歯科相談
    妊娠中の方を対象に歯科健診・相談を行います。妊娠中は、お口の状態が変化するため、歯科健診を受けるとともに、日頃からお口のケアを心がけましょう。
  • 親子はじめて歯科健診「こんにち歯ひろば」(通知制)
    9か月から1歳2か月児を対象に実施しています。「親子の歯科健診」「楽しくはじめる♪歯みがきレッスン」など、歯が生えはじめの時期に役立つ情報が満載です。
  • 子育てと栄養相談の日程
    お子さんの歯と口の相談ができます。むし歯予防や歯みがきのアドバイスが受けられます。

すこやか赤ちゃんメール

妊娠中から乳幼児を子育て中のお母さんの不安を軽減するために、妊娠週数、赤ちゃんの月齢等に合わせた必要な情報をメールで配信します。ご利用は「足立区あんしん子育てナビ」よりご登録ください。

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?