• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 子育て役立ち便利帳 わくわく子育て > 知っ得コラム:パパも育児に参加しよう!

ここから本文です。

更新日:2012年8月1日

知っ得コラム:パパも育児に参加しよう!

毎日うちで赤ちゃんのお世話をするのは、仕事よりラクでしょうか!?

いいえ、赤ちゃんはかわいいけれど、楽しいだけではありません。

パパも育児に参加するために、知っておくといいことを分かりやすく紹介します!

ある赤ちゃんの一日をのぞいてみよう!

赤ちゃんの性格によって眠りや、食事のペースはさまざまです。
一般的に眠りのリズムがつくのはもう少し先です。大人の都合に合わせてはくれず、ママはてんてこまいな状況なのです。
だからこそ、可能な限りで家事を分担する、ママの気持ちに耳を傾けるようにしてください!

パパの子育て心得のポイント!

赤ちゃんの成長とともに、パパがどんなことに注意したらいいかをまとめました。

0カ月

入院中のママの荷物の手配などは進んでやりましょう。
出生届はパパが出すことになることも多いです。出生届けをする際の持ち物をチェックしよう。
退院の日は何かと忙しいです。入院費の清算や、荷物を運び、赤ちゃんを連れて行くのはひと仕事なのでできれば付き添ってあげてください。
退院後のママは母乳を出したり、体を元に戻そうとしたりとホルモンバランスが変わって、大きな変化を遂げています。
精神的にも赤ちゃんの世話に気を張っている時期で、慣れなくて、新しいこともたくさんでイライラしたり、涙ぐんだり、自信を持てなくなることもあるかもしれないが「しっかりしろ」「お前は母親だろう」などの上から目線の言葉はタブーですよ。共感して、話を聞く姿勢を忘れずに!

1カ月

赤ちゃんは人の顔をじっと見るようになります。
ママの体が元に戻るまで6-8週間かかりますので、それまでは十分な休養が取れるようにパパや家族で家事などは分担をしましょう。子育て応援隊の産褥期の家事サービスもありますので活用してもいいでしょう。

2カ月

赤ちゃんは微笑みます。
赤ちゃんの世話をするときには、声がけをしながら行うといいでしょう。
意味はわからなくとも、声のトーンで感情は伝わります。

3カ月

赤ちゃんは首がすわり、ガラガラを握るようになります。
四六時中赤ちゃんと一緒にいて、世話をする生活を送るママは、どんなに赤ちゃんをかわいいと思っていても、時には一人になりたいと思うものです。
そんなママの状況を理解して、パパはできるだけ早く帰宅して、育児、家事を手伝い、ママの話に耳を傾けてあげるといいでしょう。

4カ月

赤ちゃんは声を出して笑うようになったり、「アー」「ウー」など声を出すようになります。
首がすわると抱っこ、おんぶがしやすくなります。とはいえ、ずっと抱っこしているのはかなり重くて大変なものです。
パパもすすんで抱っこやおんぶを代わってあげるといいでしょう。

5カ月・6カ月

5カ月ではものに手を伸ばすようになり、6ヵ月では寝返りをしたり、歯も生え始めます。人見知りする子もいるでしょう。
この時期は、なんでも口に入れるので、タバコの誤飲などには十分注意してください。

7カ月・8カ月

7カ月ではお座りをするようになり、8ヵ月ではハイハイをする子もいるでしょう。

9カ月・10カ月

10カ月になると一人で座ることができたり、つかまり立ちをはじめます。
つかまり立ちができるようになると、手を伸ばす範囲が広がりますので、もう一度、危ないものがないかチェックしましょう。

11カ月・12カ月

11カ月にはつたい歩きをはじめます。12カ月には、立ち上がることができる子も現れます。
休日には赤ちゃんと散歩をしたり、一緒に留守番して、ママにも自由時間を持ってもらいましょう。最初は泣いても、慣れればパパが大好きになるから大丈夫ですよ。

1歳から1歳半

1歳には歩き始め、1歳半にはママ、パパ、ワンワンなど意味のある言葉を言うようになります。
歩けるようになると、パパの出番は増えてきます。でもまだまだ転びやすいので十分気をつけてください。体を使った遊びを楽しむといいですよ。

2歳

2歳児はなんにでも「イヤ」を連発する時期です。
自分で、という気持ちが強くなるりますが、できないと大泣きして、騒ぐ、わめく、地団駄を踏むと大騒ぎ・・・
また我慢したりあきらめたりすることもまだ難しい時期なので、子育てでも苦労する時期です。
子どもの自発性を尊重しながら根気よく、やっていいこといけないことを伝えて、生活習慣を身につけさせることが大切です。

3歳

3歳児はスプーンを使ってものを食べられるようになります。
話が上手にできるようになって、やりとりが楽しい時期です。
ママもひと段落して、ゆとりが出てくるのでたまには夫婦で出かけてもいいでしょう。
一時あずかりのサービスなども上手に活用してみるといいですね。

4歳

4歳児は一人でトイレができるようになります。また、なんで?を連発する時期でもあります。
連動した動作、簡単なルールのある遊びを楽しめるようになります。
また自然現象に興味を持つ時期なので一緒に、なぜ?どうして?といろいろなことに興味を持って考えてみるといいでしょう。

5歳・6歳

5歳児は友達遊びが活発になり、文字や数字に興味を持つようになります。6歳になると身の回りのことが一通りできるようになり、小学校入学への期待が高まってもきます。
生活リズムは整っているか、朝食をとっているか、また通学路に危険はないかなど子どもと一緒に確認してみるといいでしょう。

“イクメン”をめざそう!!

子育ての心得もわかったところで、これからは自信を持って父親であることを楽しみ、子どもの成長を実感しませんか。

足立区の男女参画プラザでは、男性だけの気兼ねない子育て講座や、子どもと一緒に参加する遊び方講座などを実施しており、毎回参加者に好評です。
今年度の講座は、区ホームページにも年間計画を掲載のほか、毎回広報でもお知らせします。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?