• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 年金 > 年金を受給している方が亡くなられたとき(死亡届・未支給年金)

ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

年金を受給している方が亡くなられたとき(死亡届・未支給年金)

亡くなられた方の年金の加入や納付状況、受け取っていた年金の種類、ご遺族の状況等により該当する手続きが異なりますので、事前にねんきんダイヤル(0570-05-1165)または足立年金事務所(03-3604-0111)へ確認をお願いいたします。お問い合わせの際は、基礎年金番号が必要になりますので、年金証書や年金手帳、振込通知書等をお手元にご用意ください。

年金受給権者死亡届

年金を受け取っていた方が亡くなられ、未支給年金の手続きに該当しない場合、死亡の届け出が必要です。

なお、日本年金機構にマイナンバー(個人番号)が登録されている方は、原則として省略できます。

(1)届出する方

遺族の方

(2)必要書類

1.年金証書

2.死亡を証する書類(死亡診断書のコピーなど)

3.届出する方の印鑑《スタンプ印不可》

(3)届出先

お近くの年金事務所
(住所地が足立区の場合=足立年金事務所電話:03-3604-0111)

障害基礎年金、遺族基礎年金、寡婦年金のみの方は、届出する方の住所地の区市町村国民年金担当課
(住所地が足立区の場合=区役所高齢医療・年金課国民年金係電話:03-3880-5849)でも受付できます。

 

未支給年金

年金を受け取っていた方が亡くなられた場合、生計を同じくしていたご遺族の方は、亡くなられた月分までの年金を「未支給年金」として請求できます。未支給年金の手続きは、年金受給権者死亡届も兼ねています。

(1)請求できる方

(1)配偶者、(2)子、(3)父母、(4)孫、(5)祖父母、(6)兄弟姉妹、(7)それ以外の三親等内の親族、の順です

(2)必要書類

  1. 年金証書
  2. 戸籍の全部事項証明書(戸籍謄本)
    亡くなられた方と請求者の続柄がわかるもの
  3. 住民票(本籍・続柄の記載があり、マイナンバー(個人番号)の記載がないもの)
    次の2つを両方ご用意ください。
    ・亡くなられた方の除票
    ・請求者の世帯全員の住民票
  4. 亡くなられた方と請求者が別世帯であった場合は「生計同一関係に関する申立書」(区民事務所で配付している『ご遺族の方へ「手続きのご案内」』巻末または区役所国民年金係か年金事務所にあります)
  5. 預金通帳(請求者のもの)
  6. 請求者の印鑑《スタンプ印不可》
  7. 手続きに来る方の本人確認ができるもの
  8. 請求者以外の方が手続きする場合は、委任状
  9. その他、個別の事情により上記以外の書類が必要になる場合があります

なお、住民票などの添付書類は、提出日前6ヵ月以内に発行されたものをご用意ください。

(3)請求期限

亡くなられた日から5年以内

(4)請求先

お近くの年金事務所
(住所地が足立区の場合=足立年金事務所電話:03-3604-0111)

障害基礎年金、遺族基礎年金、寡婦年金のみの方は、請求する方の住所地の区市町村国民年金担当課
(住所地が足立区の場合=区役所高齢医療・年金課国民年金係電話:03-3880-5849)でも受付できます。

 

亡くなられた方が厚生年金を受給していた場合は、遺族厚生年金が受給できる場合がありますので、ねんきんダイヤルまたは年金事務所にお問い合わせください。遺族厚生年金についての詳細は日本年金機構のホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

お問い合わせ

区民部高齢医療・年金課国民年金係

電話番号:03-3880-5849

ファクス:03-3880-5618

Eメール:korei-nenkin@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?