• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 後期高齢者医療制度 > 後期高齢者医療被保険者証をお持ちの方へ

ここから本文です。

更新日:2017年6月15日

後期高齢者医療被保険者証をお持ちの方へ

医療機関などにかかるときの自己負担割合が8月1日から変わる方に、新しい被保険者証を7月中旬に送付します。

対象となる方

平成29年8月1日から自己負担割合(1割または3割)が変更となる方のみ送付します。自己負担割合の変更がない方にはお送りしませんので、現在の被保険者証を引き続きご使用ください。

新しい被保険者証が届いた方は、古い被保険者証を8月1日以降にお近くの区民事務所または高齢医療・年金課の窓口へご返却ください。

※古い被保険者証を8月1日以降もお使いになった場合、後日、差額分の納付や払い戻しの手続きが必要となる場合があります。

 

自己負担の割合について

病院などの窓口でお支払いいただく一部負担金(自己負担)の割合は1割または3割です。自己負担の割合は住民税課税所得等に応じて毎年8月1日に見直しています。

平成29年8月から平成30年7月までの自己負担割合は平成29年度住民税課税所得(平成28年1月から12月までの所得・収入から算出)に基づいて世帯ごとに判定します。

自己負担割合の判定方法

負担割合判定フロー

A、B、Cのいずれかに当てはまる見込みの方に、「基準収入額適用申請書」を6月下旬から7月上旬の間にお送りします。

収入が基準に該当した方は、お送りする「お知らせ」に記載された期限までにご申請ください。

お知らせした期限を過ぎて申請した場合は、3割負担の期間が発生することがあります。

くわしくは資格収納係へお問い合わせください。

お問い合わせ

区民部高齢医療・年金課資格収納係

電話番号:03-3880-6041

ファクス:03-3880-5618

Eメール:korei-nenkin@city.adachi.tokyo.jp

区役所からの回答メールが届かない、返戻されてしまう事例が増えています。メールでお問い合わせをいただく場合は、インターネットメールの受信設定を確認してからご利用ください。

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?