• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険加入者への支援

ここから本文です。

更新日:2017年2月9日

国民健康保険加入者への支援

医療費の限度額適用認定証の交付及び限度額認定・標準負担額減額認定証の交付

限度額適用認定証

対象

69歳以下で国民健康保険に加入し、入院・外来などによる医療費が高額になる方

申請に必要な物

  • 認定を受ける方の国民健康保険被保険者証
  • 限度額適用認定証又は限度額認定・標準負担額減額認定証(既に持っている場合)
  • 来庁者の身分証明書(健康保険証、運転免許証等)

    ※直前(2週間から3週間以内)に国民健康保険料を納めた場合は、その領収書

内容

1つの医療機関に対し、入院・外来別で1カ月に支払う医療費がそれぞれ自己負担限度額までとなる「限度額適用認定証」を交付します。

《注意》

  • 国民健康保険料の滞納がある世帯の方には、認定証を交付できません。
  • 認定証は、毎年8月に更新されます。既に認定証の交付を受けている方も、引き続き認定を希望する場合は8月に改めて交付申請が必要です。

詳しい内容は「国保の給付」のページをご覧ください。

限度額適用・標準負担額減額認定証

対象

国民健康保険に加入されている住民税非課税世帯の方で、入院・外来などによる医療費が高額になる方。

申請に必要な物

  • 認定を受ける方の国民健康保険被保険者証
  • 限度額適用認定証又は、限度額適用認定・標準負担額減額認定証(既に持っている場合)
  • 来庁者の身分証明書(健康保険証、運転免許証等)

    ※直前(2週間から3週間以内)に国民健康保険料を納めた場合は、その領収書

内容

1つの医療機関に対し、1カ月に支払う医療費がそれぞれ自己負担限度額までとなり、入院時の食事代が減額される「限度額適用・標準負担額減額認定証」を交付します。

《注意》

  • 国民健康保険料の滞納がある世帯の方には、認定証を交付できません。
  • 認定証は、毎年8月に更新されます。既に認定証の交付を受けている方も、引き続き認定を希望する場合は8月に改めて交付申請が必要です。

詳しい内容は「国保の給付」のページをご覧ください。

 

 

お問い合わせ

区民部国民健康保険課給付担当

電話番号:03-3880-5241

ファクス:03-3880-5618

Eメール:kokuho@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?