• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 区のデータ・資料 > 区政への窓 > パブリックコメント > 足立区データヘルス計画(案)

ここから本文です。

更新日:2017年3月31日

足立区データヘルス計画(案)

パブリックコメント受付終了

案件の概要

足立区データヘルス計画(案)
妊娠早期から始める生活習慣病予防
―健康寿命の延伸と医療費の適正化に向けて―

この計画(案)は、生活習慣病の重症化予防と介護予防に加え、ライフステージを通じた発症予防を重層的に推し進めていくことで、健康寿命の延伸と医療費の適正化を図っていくための計画です。国民健康保険の特定健診や診療報酬明細書(レセプト)等のみならず、区が保有する健康データを収集・分析し、効果的かつ効率的に推進します。
副題を「妊娠早期から始める生活習慣病予防」としておりますのは、生活習慣病の芽が、既に胎児期(妊娠期)に発生していることが明らかになっているためです(DOHaD学説*)。
なお、この計画は数年ごとに改定し、計画に基づく事業の実施結果を評価し、次の計画を立案し実施するというPDCA(計画(Plan)→実施(Do)→評価(Check)→改善(Act))サイクルで事業を実施していきます。

また、「健康あだち21」との整合性を図り、平成29年度に必要な見直しを行うことで、保健事業の中核をなす「第三期足立区特定健診等実施計画」と一体的に改定します。

このような、足立区民の健康寿命の延伸を図ったうえ、医療費の適正化につなげることを目標とする当計画(案)について、皆様の意見を募集するものです。

*DOHaD学説:胎内で低栄養状態の胎児は、その環境でも成長できるように適応能力を身につけるにも関わらず、出生後に栄養過多状態になると、成人期に生活習慣病の発症リスクが高まること。

実施時期など

平成29年3月1日(水曜日)から平成29年3月30日(木曜日)まで実施し、ご意見はありませんでした。

ご意見の提出方法など

受付は終了しました。
ご協力ありがとうございました。

施策等の決定時期

平成29年4月(予定)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

区民部国民健康保険課業務運営担当

電話番号:03-3880-5018 内線1795

ファクス:03-3880-5618

Eメール:kokuho@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?