• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 福祉・健康 > 健康 > 糖尿病対策 > 【11月は糖尿病月間】

ここから本文です。

更新日:2017年11月8日

【11月は糖尿病月間】

ヘモグロビンA1cを知ることからはじめる糖尿病予防!

初期の糖尿病に自覚症状はありません。
自分の糖尿病リスク=自分のヘモグロビンA1cの値を知り、糖尿病を予防しましよう。

ヘモグロビンA1cとは

過去1から2ヶ月の血糖値の平均を反映し、糖尿病の診断に使われる値。この数値を7パーセント未満に保つことで、糖尿病の合併症を予防できます。

区では U_7(アンダーセブン)を合言葉にしています

糖尿病を悪化させない合言葉:アンダー7

 

 

 

 


 

 

ヘモグロビンA1cは過去1から2ヶ月の平均血糖を反映する値です。この値が7%を超えた状態が続くと、数年後に糖尿病による合併症(網膜症、腎症など)が現れるリスクが高まります。
まずは、自分のヘモグロビンA1cの値を知ることから、糖尿病予防を始めましょう。
区ではこの数値が7%を下回るようにU_7(アンダーセブン)を合言葉にして、様々な取組みを行っています。

ヘモグロビンA1cを高いまま放置すると、重大な疾病にかかることも・・・

  • 糖尿病は全身に合併症を引き起こす病気です。合併症を発症すると治療が大変困難です。普段からしっかり血糖値をコントロールして、合併症を予防しましょう。
    また、合併症を発症すると、それだけ医療費もかかります。

【参考】糖尿病の合併症にかかる医療費

疾病

医療費(10割)

糖尿病網膜症 115,000から160,000円(手術)
下肢切断 150,000円(手術)
心筋梗塞 400万円(手術)
人口透析 500から600万円(年額)
  • 糖尿病は自覚症状がないまま全身に障害が出るため、糖尿病と診断されたら、眼科、歯科への受診が必要です。平成27年度の重症化予防の対象者(40から59歳の国民健康保険特定健診受診者でヘモグロビンA1c7.6パーセント以上で未治療の者)は、眼科を受診している人はわずか26.7パーセント、歯科受診をしている人も47.4パーセントと半数に達していませんでした。

【参考」】平成27年度重症化予防対象者の合併症予防のための受診状況

重症化予防対象者の合併症予防のための受診状況

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の「ヘモグロビンA1c」を測定してみましょう

ヘモグロビンA1cが7%以上の人でも糖尿病は治療で改善します

重症化グラフ修正

区では糖尿病重症化予防事業として、ヘモグロビンA1cが7%を下回るように様々な取り組みを行っています。
26年度は国保特定健診受診の40歳から59歳で、通院をしていないヘモグロビンA1c7%以上の方、231人の自宅を保健師が訪問し、糖尿病についての説明や、治療勧奨を行いました。
それに加えて、食事や体を動かす必要性など、生活習慣の改善について説明の上、これからの生活についての相談を受けました。
その結果140人のうち、27年度の特定健診を受診した110人が、通院治療や食生活の見直しでヘモグロビンA1c1%以上改善し、そのうち60人については、ヘモグロビンA1cが7%未満になりました。

野菜から食べる「ベジファースト」で糖尿病予防!

区では、食事の際、野菜から食べる「ベジファースト」を推奨しています。「ベジファースト」は、食後の血糖値の急上昇を抑える効果があり、糖尿病の予防になります。
さらに、「ベジファースト」は糖尿病予防だけでなく、肥満やむし歯の重症化を防ぐ効果があることが、平成27年11月に行った「子どもの健康・生活実態調査」の結果から、確認されました。(分析:東京医科歯科大学)

1.「肥満を防ぐ」
野菜から先に食べる子どもは、そうでない子どもと比べて肥満傾向にある割合が3割低い結果になりました。

 

肥満傾向

 

 

 

 

 

 

 

小学校1年生 n=2,833人
※非野菜:ごはん・パン、肉・魚、汁もの・スープ

 


2.「むし歯の重症化を防ぐ」
野菜から先に食べる子どもは、そうでない子どもと比べて5本以上のむし歯がある割合が3割低い結果になりました。

 

 

.むし歯

 

 

 

 

 

 

小学校1年生 n=2,833人
※非野菜:ごはん・パン、肉・魚、汁もの・スープ

イベント

世界糖尿病デー「測定会」(区役所1階区民ロビー)

【日時】
平成29年11月14日(火曜日)
午前10時から正午
午後1時から3時

【対象】
先着100名
区内在住・在勤で、59歳以下の糖尿病と診断されていない方

【内容】
指先での血糖測定(ヘモグロビンA1c)
体組成測定 

講演会

 

日時 講演会 申し込み・問合せ・場所

11月15日水曜日
午前10時30分から正午

食生活講演会
「野菜でもう1品!ソルトフリーのベジおかず」

場所:中央本町地域・保健総合支援課

(足立保健所内)

申込・問合せ:お問合せコールあだち
03-3880-0039

11月17日金曜日

午後1時30分から3時30分

「歯周病と全身疾患との深いかかわり」

中央本町地域・保健総合支援課

歯科保健担当(足立保健所内)

03-3880-5354

11月22日水曜日
午後1時から3時
糖尿病予防教室 
糖尿病が気になるあなたへ「運動と栄養編」
江北保健センター
03-3896-4011

11月28日火曜日
午後1時30分から3時30分

12月14日木曜日

午後1時30分から3時30分

歯と口の健康セミナー(2日制)
「体験!よく噛む効果と歯みがきのコツ」
江北保健センター歯科保健担当
03-3896-4011

 

 

ヘルシーメニューを食べにいこう!(500キロカロリー台、野菜120グラム以上、塩分3グラム未満)

場所・期間 メニュー内容

東京ビジネスサービス
 (区役所地下1階食堂)

11月13日(月曜日)から17日(金曜日)

午前11時から午後2時まで

定休日:土曜日、日曜日
電  話:03-3880-5325

【あだちベジタベランスペシャルウィーク】

550円(1日100食)

カフェ コペ

 (江北三丁目29番9号)
11月13日(月曜日)から18日(土曜日)
午前11時30分から午後3時まで

定休日:日曜日、祝日

電  話:03-4285-8085

カフェコペ

【ポークジンジャープレート(野菜スープ付)】

850円(1日10食)

一粒の麦

 (花畑四丁目34番16号)

11月15日(水曜日)から11月18日(土曜日)

午前11時30分から午後2時30分

定休日:月曜日、火曜日、日曜日

電  話:03-5242-8807

一粒

【野菜たっぷりトマト味のパスタ】

880円(上限なし)

イタリアン・トマト カフェジュニア 東京電機大学店

 (千住旭町5番)

11月13日(月曜日)から11月19日(日曜日)

午前8時から午後3時(月曜日から土曜日)

午前9時から午後3時(日曜日・祝日)

定休日:なし

電  話:03-5284-7892

イタリアントマト

【たっぷり野菜のサラダ&小海老とツナのサンドセット】

800円(数量に限りあり)

シーフードレストラン メヒコ足立区役所店

 (区役所南館14階)

11月1日(水曜日)から11月30日(木曜日)

平日のみ

午前11時から午後3時

定休日:なし

電  話:03-3886-3939

メヒコ

【野菜とエビのドリア】

880円(1日20食)

Cafe ひつじ食堂

 (中川四丁目9番19号

11月1日(水曜日)から11月30日(木曜日)

午前11時45分から午後3時

定休日:火曜日

電  話:03-6802-6257

ひつじ食堂

【焼魚定食(ドリンク付)】

1,000円(数量に限りあり)

via salice

ヴィア サリーチェ

 (江北7丁目24番15号)

11月1日(水曜日)から11月30日(木曜日)

午前11時30分から午後2時(水曜日から土曜日)

午前11時30分から午後3時(日曜日、祝日)

定休日:なし

電  話:03-3857-5222

ヴィアサリーチェ

【ベジタベヘルシーランチ】

880円(上限なし)

Whole Food Cafe Soja

 ホール フード カフェ ソジャ

 (東和2丁目21番1号)
11月1日(水曜日)から11月30日(木曜日)

午前10時から午後4時30分(月曜日から木曜日)

午前11時から午後3時(金曜日から土曜日)

定休日:日曜日

電  話:03-5849-5546

ソジャ

【季節変わりのベジプレート(ドリンク付)】

1,150円(数量に限りあり)

キッチンとれたて

 (鹿浜2丁目44番1号)

11月1日(水曜日)から11月30日(木曜日)
(水曜日、木曜日は除く)

午前11時から午後4時

定休日:水曜日、木曜日

電  話:03-3853-4114

キッチンとれたて

【とれたて定食】

900円(数量に限りあり)

 

お問い合わせ

衛生部こころとからだの健康づくり課健康づくり係

電話番号:03-3880-5433

ファクス:03-3880-5602

Eメール:kenkou@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?