• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 福祉・健康 > 健康 > 糖尿病対策 > 【糖尿病を悪化させない合言葉】足立区は「プロジェクト U_7(アンダーセブン)」を推進しています

ここから本文です。

更新日:2015年12月22日

【糖尿病を悪化させない合言葉】足立区は「プロジェクト U_7(アンダーセブン)」を推進しています

HbA1cは7%未満に!

HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)とは、過去1・2か月の血糖値の平均を反映し、糖尿病の診断に使われる値です。この数値が6.5%以上になると、糖尿病が強く疑われます。
そして、この数値が7%以上になると、糖尿病による合併症が起こりやすくなってしまうので、HbA1cを7%未満に保つことがとても大切です。

足立区では「アンダーセブン」を合言葉に、足立区医師会・東京都足立区歯科医師会・足立区薬剤師会と連携して、糖尿病対策を推進しています。

足立区糖尿病対策協力医療機関

糖尿病は自覚症状の乏しい病気なので、定期的に血液検査を受けてHbA1c値が上昇していないか確認することが大切です。また、糖尿病の合併症は目にも症状が出ますので、眼科も定期的に受診しましょう。
区の糖尿病対策に協力している医療機関一覧を掲載していますので、糖尿病に関して何か心配なことがある方は、ぜひお近くの医療機関にご相談ください。

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

衛生部こころとからだの健康づくり課健康づくり係

電話番号:03-3880-5433

ファクス:03-3880-5602

Eメール:kenkou@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?