• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > まちづくり・住宅 > みどり・公園 > 緑と親しむ(サポーター・イベント) > 公園・花壇の自主管理活動 > 公園・花壇の自主管理活動と、活動団体のご紹介(竹の塚第五公園)

ここから本文です。

更新日:2018年5月1日

公園・花壇の自主管理活動と、活動団体のご紹介(竹の塚第五公園)

足立区には、良好なまちづくりに貢献することを目的として、地域の皆さんが公園の清掃や草刈などを行う「公園の自主管理」制度と、公園内の花壇へ苗の植付け・育成などを行う「花壇の自主管理」制度があります。
それらの制度で活躍している団体をご紹介します!

花壇の自主管理:竹の塚第五公園

今回は、平成29年10月から花壇の自主管理を始めた、株式会社ピーアーク足立(以下ピーアーク)さんが活動している竹の塚第五公園に伺いました。

 

ピーアークさんのCSR(企業の社会的責任)の理念に基づき、竹の塚第五公園を舞台に、地域へ恩返しをしていきたいとの考えから、清掃の自主管理とともに花壇の自主管理を始めました。

この日は、竹ノ塚駅前の花屋『オープンハート』さんから苗を購入、花壇のデザインや花壇づくりの技術的な指導をしてもらいながら、近くにある『ゆうあいの郷・六月』さんや、商店街を通る方にもお声かけして、たくさんの方々にご参加いただいて花壇を作っていました。

 

「花壇づくりの回を重ねるごとに、地域の方々だけでなく、社員の参加も増えています。外から内からいい雰囲気になり、この協定を始めた意味があると思います。」とピーアークさんの担当者は話します。

また、ピーアークさんや『オープンハート』さんとの会話の中で印象的だったのは、「公園の花壇に花を植えることで、また公園に来たくなる、何度か足を運ぶことで公園に愛着が湧いてくる。そんな流れができるといいなと思います。」という言葉でした。

 

これからの抱負をお聞きすると、「地域の方々からの『ありがとう』の言葉が私たちのやる気にも繋がります。この『ありがとう』の言葉が、まち全体に広がっていくといいなと思っています。」とのこと。

 

ピーアークさんと『ゆうあいの郷・六月』さんは、足立区の事業『孤立ゼロプロジェクト』に参加しています。

ピーアークさんの担当者は「『ゆうあいの郷・六月』の皆さんにも是非花壇づくりに参加していただき、外に出ていただくきっかけになれば」と話していました。

 

ピーアークさんのこれからの活動に期待しています!

 

 takego 4

皆さんで花壇に植え付けをします

 

takego 2

この日植えたのは、マーガレットとムルチコーレ

 

 takego 3

植え付けした花壇を前に集合写真、ハイポーズ!

 

 

みなさまも、お近くの地域の公園で、自主管理活動をはじめてみませんか。
詳細は下記関連情報「公園の自主管理をはじめませんか」をご覧ください。

 

 

関連情報

公園の自主管理をはじめませんか

 

お問い合わせ

公園管理課施設維持係
電話番号:03-3880-5021
ファクス:03-3880-5620
Eメール:kouen@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?