• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 暮らし > 生活の問題・貸付資金 > 放射線に関すること > 局所的に放射線量が高いと思われる地点の測定について(児童遊園)

ここから本文です。

更新日:2013年7月1日

局所的に放射線量が高いと思われる地点の測定について(児童遊園)

区立児童遊園において、平成25年2月から開始した局所的に放射線量が高いと思われる地点の測定は、平成25年3月に全ての児童遊園での測定を終了しました。

地上50センチメートルの測定値が区の指標値(毎時0.25マイクロシーベルト)を超えた箇所はありませんでした。

なお、現在、休園しています「青井一丁目児童遊園」及び「江北四丁目第二児童遊園」は、再開園後、測定します。

測定方法

職員がシンチレーション式サーベイメータ(ガンマ線用)を用いて、地上1メートル・50センチメートル・5センチメートルの空間放射線量を測定します。

測定の結果

測定箇所、測定値については、図面化が終了次第、順次公表します。 

地域マップ

地域マップ

お問い合わせ

みどりと公園推進室公園管理課公園管理係

電話番号:03-3880-5918

ファクス:03-3880-5620

Eメール:kouen@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?