• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 子育て・教育 > 子育て > 保育施設における感染症情報

ここから本文です。

更新日:2017年5月1日

保育施設における感染症情報

保育施設の感染症

足立区の保育施設では、昨年末からインフルエンザや胃腸炎の流行がみられていましたが、現在は欠席者が少なくなってきています。そのため、毎日お知らせしていたインフルエンザと胃腸炎の罹患状況の更新を4月末にて終了いたします。今後、大きな流行等がみられましたらご報告いたします。

免疫力の低い乳幼児が集団生活を行う保育施設は、いろいろな感染症が持ち込まれやすく、施設内での拡がりやすさも併せて持ち合わせています。したがって、感染症対策は、「普段からの予防対策」と感染症が発生した時の「発生拡大防止対策」が基本になります。保育施設では、日頃から手洗い、うがいの励行と衛生管理を徹底し、感染症の予防と拡大防止の注意喚起および感染症発生状況の把握をおこなっております。ご家庭におかれましても、手洗い、うがいを励行し、体調の悪い場合は、医療機関を受診して医師の診断を仰ぎ、無理な登園がないようにお願いいたします。

もし、保育施設で流行しやすい、学校保健安全法に定められた感染症に罹患した場合は、「登校・登園・登室停止期間」や「登校・登園・登室のめやす」をご確認いただき、感染症が治って登園する際は、登園許可証や登園届のご提出をお願いいたします。

 

 

感染症の注意及び対応

園児の健康管理および感染症拡大防止には、ご家庭のご理解とご協力をいただきながら対応しておりますが、下記の注意点および対応について、改めてご配慮をいただきますようお願いいたします。

  1. 体調が悪いときには無理な登園は控えましょう。(乳幼児は急激に体調が悪化したり、重症化したりすることがあります。)
  2. 体調が悪いときには受診して、適切な治療、指示を受けましょう。
  3. 普段と違う様子、体調の変化がある場合は、必ず保育施設にお知らせください。
  4. ご家族の方々も一緒に、手洗いをしっかりこまめに行いましょう。特に調理前、食事前、排泄後は石けんを使用してしっかり手洗いを行いましょう。
  5. ご家庭の調理器具の洗浄を徹底しましょう。特に食肉を取り扱ったあとは念入りに消毒しましょう。
  6. 食品はできるだけ加熱して食べましょう。特に肉類は十分加熱しましょう。

お子様の健康に関する対策、情報提供

流行シーズン開始時及び警報基準到達時における都民への注意喚起

都内における流行状況が警報基準に達した場合には、報道発表を行っています。

保健所における地域住民・施設等への助言・指導等の実施

地域において施設等の実態を踏まえた助言や指導等を行っています。

お問い合わせ

教育委員会事務局子ども家庭部子ども施設指導・支援担当課子ども施設指導・支援担当
電話番号:03-3880-5395
ファクス:03-3880-5662

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?