• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2018年7月12日

区立保育園の給食を紹介します

毎月19日は「食育・やさいの日」です。「食育・やさいの日」の給食を紹介します。

6月19日(火曜日)

6月の食育・やさいの日のテーマ野菜は「新ごぼう」です。19日の昼食に、『鶏ごぼうピラフ』を取り入れました。ごぼうの食感が楽しめるピラフです。間食は、園で種まきをし育てた小松菜を使った『小松菜のみそ汁』です。5歳児クラスではかつお節でだしを取るところから調理体験をしました。

3006hiru

【昼食】鶏ごぼうピラフ、春雨サラダ、野菜スープ、メロン

3006oyatu

【間食】牛乳、焼きおにぎり、小松菜のみそ汁

鶏ごぼうピラフ

<材料>大人4人分

2合(300g)
サラダ油  小さじ1(4g)
バター

 小さじ1(4g)

鶏こま肉

180g

ごぼう

 1/2本(70g)

にんじん  1/3本(50g)
小さじ1(3g)
こしょう  少々
しょうゆ  小さじ1(6g)
 360ml

パセリ

(ドライパセリでも可)

適量

<作り方>

  1. 米は研ぎ、分量外の水に20分位浸し、ザルにあけ水気を切っておく。
  2. ごぼうはよく洗い、皮をこそげ取り、ささがき又は縦半分に切り斜め薄切りにし、水にさらす。にんじんは粗みじん切りにする。
  3. 鍋にバター・サラダ油を入れ、鶏こま肉・2のごぼう・にんじんを炒める。
  4. 鶏こま肉の色が変わってきたら、1の米を入れてさらに炒め、炊飯器に入れ、水・塩・こしょう・しょうゆを入れ炊く。
  5. 炊き上がったらよく混ぜ、器に盛り、みじん切りにしたパセリをかける。

<ひとくちメモ>

ごぼうは長時間水につけておくと栄養が抜けてしまうので、あく抜きは短時間で済ませましょう。選ぶ時には、まっすぐに伸び、先端のほうに沿って細くなっていて、ひげ根の少ないものが良いです。太すぎるものは育ちすぎで筋っぽいものが多いので、避けましょう。

関連PDFファイル

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局子ども家庭部子ども施設運営課区立保育施設係

電話番号:03-3880-5888

ファクス:03-3880-5662

Eメール:kodomo-unei@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?