• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 子育て・教育 > 小学校・中学校の情報と手続き > 学校情報 > 中学校の特別支援教室を順次開設します

ここから本文です。

更新日:2018年7月12日

中学校の特別支援教室を順次開設します

「情緒障がい等通級指導学級」が「特別支援教室」に変わります

 現在、中学校の通常の学級に在籍している知的に遅れのない心身の発達に支援を必要とする生徒の一部は、週に1回程度区内2中学校(第十中・花保中)に設置された「情緒障がい等通級指導学級」に通い、指導を受けています。この度、都の特別支援教育に関する方針【※】に基づき、各中学校に「特別支援教室」を設置し、担当教員(巡回指導教員)による指導を行います。
【※】「東京都特別支援教育推進計画(第二期)第一次実施計画」と「中学校における特別支援教室の導入ガイドライン」を提示し、平成33年度までに全都の公立中学校に特別支援教室を設置する方針を示しました。

特別支援教室に変わることにより期待される効果

  • 巡回指導教員と在籍学級担任や教科担任と共通理解をもち、協働して指導することによって、生徒の状態に応じた指導を実施できるようになる。
  • 本人の自尊感情を培いながら、自己理解・自己受容を促すことができ、将来の自己イメージを持つことができるようになり、進路や将来を見据えた展望を持つことができる。
  • 困り感のある生徒への分りやすい授業を在籍学級で実施することで、すべての生徒にとって良い効果をもたらすことができる。
  • すべての中学校で実施することにより、特別な指導が身近で行われ、教職員や他の生徒、保護者の特別支援教育の理解が進む。

対象となる生徒は?

通常の学級に在籍する、知的な発達の遅れがない、心身の発達に支援を必要とする生徒です。

指導体制は?

生徒は、週に1から8時間の中で必要な時間数、在籍校内に設置された特別支援教室に移動し、一人ひとりに応じた指導を受けます。

(1)巡回指導教員による指導

生徒に応じた指導を行うほか、在籍学級での生徒の様子を観察し具体的な場面での課題を把握して指導に活かします。

(2)特別支援教室専門員の配置

特別支援教室設置校に1名ずつ配置し、巡回指導教員や特別支援教育コーディネーター、在籍学級担任等との連絡調整及び個別の教材の作成、生徒の行動観察や記録を行います。

(3)臨床発達心理士等の巡回訪問

在籍学級や特別支援教室での行動観察を行い、巡回指導教員や在籍学級担任等に指導上の配慮について助言します。特別支援教室設置校に年間40時間程度巡回訪問します。

(4)在籍学級担任・教科担任

巡回指導教員と連携しながら、在籍学級での指導の工夫を行います。

指導内容は?

生徒一人ひとりに応じた、学習のつまずきや社会性など、苦手なことを克服・改善するための「自立活動」の指導を行います。

中学校特別支援教室導入計画

2019・2020年度の2ヵ年ですべての中学校に設置します。全校設置となるまで、特別支援教室が設置されていない中学校の在籍生徒については、通級による指導を継続して行います。

各年度の開設校一覧

開設年度

学校名

2019年度

【開設校11校】

新田中・加賀中・鹿浜菜の花中・江北桜中・江南中・扇中

第十四中・伊興中・西新井中・入谷中・入谷南中

2020年度

【開設校24校】

東綾瀬中・第十二中・第十三中・谷中中・蒲原中

第一中・千寿青葉中・千寿桜堤中・第十一中・栗島中・青井中

花保中・花畑中・花畑北中・渕江中・竹の塚中・東島根中・六月中

第四中・第五中・第六中・第七中・第九中・第十中

特別支援教室の申し込み方法

現在手続方法等を準備中です。決まり次第お知らせいたします。

中学校特別支援教室保護者説明会のお知らせ

制度の概要や申し込み方法等についての説明会を予定しています。

お問い合わせ

教育委員会事務局こども支援センターげんき支援管理課特別支援教室担当

電話番号:03-3852-2868

ファクス:03-3852-2864

Eメール:kodomo-sienkanri@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?