• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2017年11月6日

平成30年度足立区定期利用保育事業

足立区では0歳から2歳児の定員数が不足し、多くの児童が待機児童となっています。

一方、新設の認可保育所では、開設当初に4・5歳児の定員に空きが多く発生しています。

こうした状況を踏まえ、平成30年4月から新設の認可保育所(私立)において空きスペースを活用して臨時的に1、2歳児を受け入れる「定期利用保育事業」を実施します。 

利用条件や、利用方法は以下のとおりです。

1.利用できる児童

  集団保育が可能な1、2歳児で次の要件を全てみたす児童

  1. 利用開始日時点で足立区に住民票がある児童であること
  2. 保護者が就労等の事由により家庭で児童を保育することができないこと
  3. 以下の施設等を利用していないこと  

認可保育所、認定こども園、小規模保育、家庭的保育、足立区認定家庭的保育、
公設民営認可外保育施設、認証保育所

※認証保育所を利用している場合でも次年度の年齢定員が設定されていない等の理由で継続利用できない場合は、当事業の利用が可能です。 

2.利用期間

 平成30年4月1日から平成31年3月31日まで 

 (平成31年4月以降の継続利用はできません。)

3.開所日

 月曜日から金曜日(国民の祝日・年末年始を除く) 

 ※施設によっては土曜保育を実施(「7 実施施設」リンク先参照)

4.開所時間

 7時30分から18時30分まで

5.利用料

 実施施設(「7 実施施設」リンク先参照)にお問い合わせください。
 
※利用時間ごとに上限額あり 

利用料の上限額(月額) 

全て給食費を含みます。 

  • 4時間以内:14,000円
  • 4時間を超え8時間以内:28,000円
  • 8時間を超え11時間以内:38,500円

6.利用申込方法    

 施施設(「7 実施施設」リンク先参照)に直接お申込みください。

お申込みから利用決定までの流れ

  1. 「7 実施施設」リンク先の申込期間に実施施設に問い合わせ・申込み。
  2. 実施施設で利用内定者を決定し、平成30年2月20日頃に連絡。
  3. 実施施設と利用者で利用契約を締結後、利用開始(平成30年4月から)。

7.実施施設

8.利用にあたっての留意事項

  • 認可保育所の入所が決定するものではありませんのでご注意ください。
  • 認可保育所、認定こども園、小規模保育、家庭的保育、足立区認定家庭的保育、公設民営認可外
    保育施設又は、認証保育所等に入所した場合は、定期利用保育事業の継続利用はできません。
  • 原則として認可保育所の在園児童とは別室での保育となります。
  • 行事等の保育内容は認可保育所と異なる場合があります。
  • 入所時に健康診断受診費用等の負担が発生する場合があります。詳しくは実施施設にご確認ください。

お問い合わせ先

利用申込方法や保育内容について

施施設(「7実施施設」リンク先参照)へ直接お問い合わせください。

定期利用保育事業の制度について

子ども施設整備課 私立保育園係へ直接お問い合わせください。 
電話番号:03-3880-5889
ファクス:03-3880-5662
Eメール:
kodomo-seibi@city.adachi.tokyo.jp
 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局子ども家庭部子ども施設整備課私立保育園係

電話番号:03-3880-5889

ファクス:03-3880-5662

Eメール:kodomo-seibi@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?