• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > まちづくり・住宅 > まちづくり・区画整理 > まちづくり公社発注の施設保全事業の調査結果について

ここから本文です。

更新日:2012年1月19日

まちづくり公社発注の施設保全事業の調査結果について

平成24年3月31日で解散することが決まった足立区まちづくり公社が発注した施設保全事業の契約額について、区が発注したとする場合の想定契約額との比較検証を行いましたので報告します。

1 調査対象工事

平成22年度に足立区まちづくり公社(以下「公社」という)が発注した工事 110件

2 公社の契約方法

(1)130万円以上500万円未満の工事

三社見積合わせによる随意契約にて事業者と契約

(2)500万円以上1,000万円未満の工事

三者見積合わせと希望型見積合わせ(6~8者が参加)の併用で事業者と契約

※両契約とも、契約に際しては、事業者から見積りが提出された後、区の最新単価を用いて積算し、公社設計額を定めている。公社設計額を超えているものは、事業者同意のもと、設計額を下回るように工法や材料等の見直しを協議し、契約している。

3 検証方法

110件全ての工事について、仮に区が発注した場合の設計額を算出し、平成22年度の区の平均落札率を乗じて、区の想定契約額とし、公社の契約額と比較した。

4 検証結果(別紙参照)

  • (1) 公社契約額と区想定契約額と比較すると、件数では公社の方が高いものが62件、低いものが40件、同等のものが8件となった。
  • (2) 総契約額の比較では、公社の方が約1,000万円低い結果となった。
  • (3) 公社は、迅速性と効率性を重視し、性能発注方式を採用してきたが、事業者の見積り最低額が公社の設計額を超えている場合があった。その際、事業者の組み直しを行わず、公社の設計額内で契約していたが、工事期間に余裕のある場合は事業者を組み直す等、より競争性を重視することも必要であったと考えられた。

問い合わせ先

  • 資産管理部施設営繕課長
    電話番号:03-3880-5947(施設営繕課調整係 直通)
  • 都市建設部企画調整課長
    電話番号:03-3880-5902(企画調整課管理係 直通)

関連PDFファイル

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市建設部企画調整課管理係(区役所北館4階)

電話番号:03-3880-5902

ファクス:03-3880-5619

Eメール:k-chosei@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?