• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 防災・防犯 > 防災 > 防災啓発 > 水害発生のメカニズム

ここから本文です。

更新日:2012年8月2日

水害発生のメカニズム

堤防や土手の決壊で起こる洪水(外水はん濫)

水害発生1 1.大雨によって、川の水の量が増え、水かさが上がり始めます。
水害発生2

2.堤防いっぱいまで水が増えると、土でできた堤防に水の圧力がかかり始めます。

水害発生3 3.水が増え、水の圧力に堤防が耐えられなくなると堤防の一部が崩れはじめます。
水害発生4 4.堤防の崩れた場所をとおって、勢いよく水が流れ出し、家に襲いかかります。
水害発生5 5.堤防から流れ出した水は、場所によっては家を破壊・流出したり、車を浮き上がらせたりしながら広がります。水が浸水してくるとすぐ水かさが高くなり、歩行が困難になります。

川への排水が出来なくなっておこる洪水(内水はん濫)

水害発生6

1.街などに降った雨は、下水道などを通って川に排水されます。
水害発生7

2.大雨が降ると川の水位があがり、川に排水することができずに下水道などが溢れてしまいます。
下水道の能力を超えた大雨が降った場合は、マンホールなどから溢れた雨水により浸水してしまいます。

 

お問い合わせ

都・企画調整課/危・災害対策課
電話番号:03-3880-5349/03-3880-5836
ファクス:03-3880-5619/03-3880-5607
Eメール:k-chosei-tanto@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?