• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 防災・防犯 > 防災 > 防災啓発 > 水害時の避難について(避難時の心得)

ここから本文です。

更新日:2012年8月1日

水害時の避難について(避難時の心得)

水害時の避難について1 1.安全な避難路の確認を
洪水時一時集合場所や避難所までの経路(避難路)は、あらかじめ自分たちで決めておき、安全に通行できるかを確認しておきましょう。

水害時の避難について2 2.非常持ち出し品の事前準備を
避難するときの荷物は必要最低限とし、事前に準備しておきましょう。
水害時の避難について3 3.正確な情報収集と自主的避難を

ラジオテレビで最新の気象情報、災害情報、避難情報に注意しましょう。雨の降り方や浸水の状況に注意し、危険を感じたら自主的に避難しましょう。

水害時の避難について4 4.避難の呼びかけに注意を
危険が迫ったときには、役所や消防団から避難の呼びかけをすることがあります。呼びかけがあった場合には、速やかに避難してください。
水害時の避難について5 5.お年寄りなどの避難に協力
お年寄りや子供、病気の人などは、早めの避難が必要です。近所のお年寄りなどの避難に協力しましょう。
水害時の避難について6 6.動きやすい格好、2人以上での避難
避難するときは、動きやすい格好で、2人以上での避難を心がけましょう。
水害時の避難について7 7.車での避難は控えて
車での避難は緊急車両の通行の妨げになります。また、交通渋滞をまねき、浸水すると動けなくなりますので、特別な場合を除き徒歩で避難しましょう。
水害時の避難について8 8.万が一、逃げ遅れたときには
万が一避難が遅れ、危険が迫ったときは、近くの丈夫な高い建物に逃げましょう。
水害時の避難について9 9.高い道路を通りましょう

避難にはできるだけ高い道路を選び、浸水箇所があった場合は、溝や水路に十分注意し、杖などを用いて確認しながら歩きましょう。

お問い合わせ

都・企画調整課/危・災害対策課
電話番号:03-3880-5349/03-3880-5836
ファクス:03-3880-5619/03-3880-5607
Eメール:k-chosei-tanto@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?