• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 福祉・健康 > 健康 > 感染症 > 風しんを予防しましょう!

ここから本文です。

更新日:2019年6月11日

風しんを予防しましょう!

平成30年7月下旬から首都圏を中心に風しん患者の報告が増加しています。最も怖いのは、妊娠20週ごろまでの女性が感染すると、生まれてくる赤ちゃんに心臓病、白内障、聴力障害などの障害(先天性風しん症候群)が生じるおそれがあることです。妊娠している方は予防接種を受けられませんので、周囲の方が予防接種を受けて赤ちゃんを風しんから守りましょう。

風しんとは

風しんウイルスによって引き起こされる感染症です。咳やくしゃみなどのしぶきを吸い込むことで感染します。2から3週間の潜伏期を経て、主に発熱、発疹、リンパ節腫脹がみられます。
治療は基本的に対症療法となります。予後は良好ですが、妊婦がかかると、胎児が先天性風しん症候群になる可能性があり注意が必要です。

先天性風しん症候群とは
免疫のない女性が、妊娠初期に風しんに感染すると、お腹の中の赤ちゃんも風しんに感染し、白内障、先天性心疾患、難聴などの障がいを引き起こすことがあります。

なぜ流行しやすいのでしょうか

昭和52年から中学生の女子のみを対象に風しんの予防接種が始まり、平成7年から男女に定期接種となりました。このため、現在40歳代以上の男性は予防接種を受けていません。

また、40歳代前後の男性について、十分な免疫を持たない方が蓄積されていると考えられており、30歳代後半から50歳代の男性を中心に流行が広がりやすいと考えられています。足立区の令和元年(2019年)年齢別階級別・性別報告数においても、30歳代から50歳代以上の男性の報告数が増加しています。

足立区の風しん発生届け状況

風しんは、感染症法の5類感染症に定められています。風しんと診断した医師は最寄りの保健所に発生届を提出することになっています。

〔年別報告数〕

fuusinngurafu1

〔令和元年(2019年)週別報告数〕

fuusinn2

〔令和元年(2019年)年齢階級別・性別報告数〕

fuusinn3

足立区では、平成30年の9月から報告数が増えています。令和元年(2019年)に届け出られた患者は、男性が13件、女性が5件でした。年齢は10歳代から50歳代です。

風しんの対策事業

麻しん風しん混合(MR)ワクチン定期接種

定期接種として、麻しん風しん混合(MR)ワクチンがあります。接種年齢は、1期は1歳から2歳未満、2期は小学校入学前(いわゆる年長児)の1年間です。

足立区予防接種情報

足立区麻しん風しん混合(MR)ワクチン任意接種

麻しんまたは風しんにかかったことのない2歳から高校3年生相当の年齢で、定期接種が未接種の方または1回接種の方へ公費負担制度があります。

足立区麻しん、風しん任意接種公費負担制度

 

足立区に住民登録のある19歳以上の方

足立区では、19歳以上の区民で、風しん抗体検査の結果、抗体価が低い方を対象に風しんワクチンの接種費用の助成をおこなっています。

妊娠中は予防接種を受けることができないため、周囲の方たちからの感染に注意することが大事です。特に、予防接種歴を確認できない妊娠を予定または希望する女性とその同居者、妊婦の同居者は、抗体検査を受け風しんへの免疫が十分でない場合は、予防接種を受けることをおすすめします。

なお、妊娠を考えている女性は、妊娠前に予防接種をご検討ください。接種後2か月は避妊が必要です。

【19歳以上の方へ】足立区では風しんの抗体検査・予防接種の費用助成を行っています

 

足立区に住民登録のある昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性の方は国の風しんの抗体検査・予防接種の費用助成が受けられます

平成30年7月以降の風しんの発生状況等を踏まえ、風しんの追加的対策を実施するために、予防接種法施行令、予防接種施行規則および予防接種実施規則の一部が改正されました。

上記改正に伴い、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性の方は、抗体検査、およびその数値が低かった場合に予防接種を無料で行うことができます。ご自身やご家族など周囲の方を風しんから守るためにも、この機会にぜひ抗体検査を受けましょう。

【昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性の方へ】国の風しんの抗体検査・予防接種の費用助成が受けられます

風しん抗体検査・予防接種の問い合わせ先

風しん抗体検査・予防接種については、保健予防課保健予防係または各保健センター等にお問い合わせください。

名称 所在地 電話番号
保健予防課保健予防係 足立区中央本町一丁目17番1号 03-3880-5892

各保健センター等の所在地、連絡先については足立保健所(中央本町地域・保健総合支援課、各保健センター)一覧をご覧ください。

医療機関の方へ

風しんの届出基準を満たした患者さんを診断したら、直ちに発生届の提出をお願いします。

風しん発生届出様式(PDF:99KB)

先天性風しん症候群の届出基準を満たしたら、発生届の提出をお願いします。

より具体的な内容については以下のページをご覧ください

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

衛生部感染症対策課事業調整係

電話番号:03-3880-5372

ファクス:03-3880-5371

Eメール:kansensho@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?