• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 暮らし > 環境・ごみ > 環境に関する計画 > 環境基本計画 > 第三次足立区環境基本計画を策定しました

ここから本文です。

更新日:2017年3月29日

第三次足立区環境基本計画を策定しました

環境基本計画とは、足立区環境基本条例第8条に基づき、地域の環境を総合的第3次環境基本計画表紙かつ計画的に保全するとともに、地球環境の保全に寄与するために策定するもので、環境の保全に関する目標や施策の体系などを定めるものです。

このたび、第三次足立区環境基本計画(以下「環境基本計画」といいます)を策定しました。

計画期間は2017(平成29)年度から2024(平成36)年度までの8年間で、「足立区地球温暖化対策実行計画」「足立区生物多様性地域戦略」「足立区環境教育等行動計画」の3つの計画を含みます。

環境基本計画に基づく取組みや事業を充実させ、区民・事業者等の環境保全行動を促進し、実践の輪を広げ、日本で一番「地球にやさしいひとのまち」を目指します。

第三次足立区環境基本計画表紙

策定の背景

区の状況

2016(平成28)年10月に策定した基本構想で、区の将来像を掲げました。この基本構想に基づいて、2017年2月に「足立区基本計画」を策定しました。環境基本計画は、これらの基本構想・基本計画を踏まえ、2017年3月に策定したものです。

地球環境の現状

2016年の世界の平均気温が、統計開始以降最高を記録するなど、地球温暖化の影響が世界各地であらわれはじめています。さらに、人口の増加や経済発展などにより、エネルギーや水、食料の需要は高まり、食料生産や乱開発などにより森林や貴重な生態系が失われています。一方、地球温暖化対策の新たな枠組み「パリ協定」が発効されるなど、国際的に地球環境の保全への気運が高まっています。

基本体系

基本構想の区の将来像を踏まえ、「環境の視点から目指す姿」を定めました。

環境の視点から目指す姿

環境の視点から目指す姿

5つの柱

環境分野ごとに5つの柱を設定します。

  1. 地球温暖化・エネルギー対策(足立区地球温暖化対策実行計画)
  2. 循環型社会の構築
  3. 安全・安心で快適なくらしの確保
  4. 自然環境・生物多様性の保全(足立区生物多様性地域戦略)
  5. 学びと行動のしくみづくり(足立区環境教育等行動計画)

(※)柱5は分野横断的な位置づけです

環境基本計画のポイント

(1)基本構想・基本計画を踏まえた計画

区民、事業者等、区に関わる全ての主体が協働・協創することで「地球にやさしいひとのまち」を目指します。

(2)新たな課題への対応

気候変動への適応、資源ロスの削減、災害廃棄物対策、生物多様性に対する理解促進など、新たな課題への対応を盛り込みました。また、パリ協定や政府の温室効果ガス削減目標を踏まえ、区内の二酸化炭素排出量の削減目標を定めました。

(3)区の特徴を活かした施策

資源化品目の拡充、ごみ屋敷・不法投棄対策、ビューティフル・ウィンドウズ運動による地域美化、区内の川や公園を活用した生物観察、友好都市等と連携した自然体験など、区の特徴を活かした施策を盛り込みました。

(4)行動編の新設

目標達成に向け、区、区民、事業者が配慮すべき行動指針を柱ごとにまとめた行動編を新設しました。省エネやごみの減量、節水行動による具体的な効果についても示しています。

進行管理

柱ごとに指標を設定し、その指標の実績値を毎年把握して、進行管理を行います。

関連PDFファイル

第二次足立区環境基本計画(旧計画)については→第二次足立区環境基本計画改定版をご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部環境政策課計画推進係

電話番号:03-3880-6049

ファクス:03-3880-5604

Eメール:kankyo-keikakutanto@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?