• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2018年3月5日

電力会社を選ぶときは

平成28年4月1日から、電気の小売業の参入が全面自由化され、電力会社(電気事業者)を選べるようになりました。さまざまなサービスの提供やおトクなプランも出ています。しかし、電力会社は価格だけではなく、環境のことも考えて選んでみませんか。

CO2排出係数を確認してみましょう

各電力会社は、二酸化炭素(CO2)排出係数を公表しています。これは、電気1kWhあたり、どれだけCO2を排出しているかを示す数値で、排出係数が小さいほどCO2排出量が少ないことになります。発電手法による違いで排出係数は変わります。「CO2排出量÷販売電力量」で計算し、単位は「kg-CO2/kWh」で表します。

各電力会社の排出係数は、以下のリンクから確認できます。

CO2排出量を計算してみましょう

電気のCO2排出量は、下の計算式に当てはめて求めることができます。

使用量(kWh)×排出係数(kg-CO2/kWh)

たとえば、毎月300kWhの電気を使う世帯があったとします。

排出係数が0.5kg-CO2/kWhのA電力会社と、排出係数が0.2kg-CO2/kWhのB電力会社の電気を使うとどのくらいCO2を排出するでしょうか。

  • A電力会社の電気を使った場合のCO2排出量は、150kg/月
  • B電力会社の電気を使った場合のCO2排出量は、60kg/月

なんと、年間にすると、1080kgの差が生じます。

CO2削減のために

排出係数の小さな電力会社は、太陽光や風力・地熱・水力などの再生可能エネルギーの発電割合が多いと考えられます。このような電力会社を選ぶことで、間接的にCO2を削減することができます。ちょっと先の未来のために、環境のことも考えて電力会社を選んでみませんか。

お問い合わせ

環境部環境政策課計画推進係

電話番号:03-3880-6049

ファクス:03-3880-5604

Eメール:kankyo-keikakutanto@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?