• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2017年5月1日

環境基金とは

環境基金のあらまし

の基金は、環境の保全に貢献する先進的な研究・開発や幅広い波及効果が期待できる活動を行っている区民、非営利団体および事業者に対する活動資金を援助することを目的としています。

1境基金について

立区環境基金条例に基づき設置され、区からの拠出金及び区民の皆さんからの寄附金を積み立てます。高環境の実現を目指す先導的な活動に対し、環境基金から助成金を交付することで、その活動を支援します。

2附の方法について

境政策課の窓口または金融機関で寄附をいただけます(金融機関をご希望の場合は、納付書をお送りいたします)。

前に、下記いずれかの方法でお申し込みください。

  • お電話でのお申し込み

環境政策課管理係までご連絡ください。

電話番号03-3880-5935(係直通)

  • 郵送・ファックス・eメールでのお申し込み

あだち虹色寄附申出書をダウンロードして必要事項をご記入のうえ、下記までお送りください。

郵便番号120-8510足立区中央本町一丁目17番1号

足立区環境政策課管理係
ファクス:03-3880-5604
Eメール:kankyoseisaku@city.adachi.tokyo.jp

3附された方へのお礼等

   区外在住の方が足立区にご寄附いただいた場合、寄附金額により、お礼のしるしに心ばかりの品をお贈りさせていただきます。

※平成29年5月1日から総務大臣の通知(総税市第28号)に基づき返礼品贈呈の対象を区外在住の方とさせていただいております。

返戻品一覧(PDF:127KB)

総務大臣通知(ふるさと納税に係る返礼品の送付等について)(PDF:116KB)

個人の方

  • 寄附金のうち2,000円を超える金額が、所得税の所得控除である寄附金控除の対象になります。領収書を確定申告書に添付の上、管轄税務署に確定申告を行ってください。
  • また、2,000円を超える金額が、住民税(個人住民税所得割額)の概ね2割を上限として、一定割合で税額控除されます。

附金額や寄附者の収入等により、控除額は変わります。詳しくは、足立区区民部課税課【03(3880)5230から2(直通)】までお問い合わせください。

法人の方

方自治体への寄附は全額が損金に算入されます。

詳しくは、管轄の税務署にお問い合わせください。

ふるさと納税制度

くわしくは「寄附金税額控除」を参照してください。

4金を活用した助成事業

環境基金助成事業

民、非営利団体、事業者等が行う高環境の実現を目指す先導的な研究や活動を支援するため、環境基金を活用し、環境基金審査会の意見を聴き、区長が決定した活動について助成金を交付します。(1千万円を限度とし、原則として活動経費の2分の1を助成)

実績については、「環境基金による助成」をご覧ください。

5境基金にご寄附いただいた方

このページの最後に「寄付者一覧」(PDFファイル)があります。
たたかいご寄附をありがとうございました。

関連PDFファイル

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境政策課管理係(区役所南館11階)
電話番号:03-3880-5935
ファクス:03-3880-5604
Eメール:ondan@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?